経済

L&T、JV LTCに対する日本ベースの千代田の全持分をRs 75crに買収

Larsen&Toubro(L&T)は、火曜日に千代田株式会社が保有するL&T-Chiyoda Ltdの株式全体をRs 75 croreに購入したと述べた。

L&T-Chiyoda Ltd(LTC)は、L&Tと日本を拠点とするChiyoda Corporation(Chiyoda)との合弁会社です。

買収は来月末までに完了する可能性が高いと、エンジニアリングおよび建設大企業は規制書類で明らかにした。

「今回の買収は特殊関係者取引であり、監査委員会とL&T理事会の承認を受けた」とファイルは明らかにした。

LTCは、国内外の市場でL&TのEPC事業を支援するために、炭化水素産業にエンジニアリングおよび関連サービスを提供する目的で設立されました。

過去27年間、LTCは複雑な精製および石油化学プロセスを含む300以上のプロジェクトに参加しました。

L&Tと千代田は、LTCの持分の50%を保有しています。 したがって、L&Tの千代田持分の購入は特別な関係者取引です。 この取引は、独立した鑑定人の評価によって価格が決定されたため、腕の長さで行われます。」

2022年3月31日現在、LTCの売上高はRs 324.8 croreで、純資産はRs 96.3 croreでした。

(このストーリーはDevdiscourseの従業員によって編集されておらず、シンジケートされたフィードから自動的に生成されます。)

READ  サイバーいじめ法 - インドは日本に従うべきですか?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close