経済

Lucence、早稲田大学と協力して、がん検診のための統合された液体生検プラットフォームの開発

カリフォルニア州パロアルト – (ビジネスワイヤ) – 精密腫瘍会社であるLucenceは今日、日本の早稲田大学と協力して早期がん発見のための新しい高速液体生検レーザーベースのイメージングプラットフォームを開発すると発表しました。 この技術は、血液サンプルで循環する腫瘍細胞およびクラスタの何千もの高解像度、個々の画像をキャプチャして、早期癌の発見や病気監視に適用することができます。 LucenceはPalo AltoのCLIAライセンス実験室では、この液体生検プラットフォームを商用化する予定です。

「癌の診断の50%以上が治療の選択肢が制限される病気の末期に発生します。 早期がんの発見は、死亡率を減らすために非常に重要です。」とLucenceの創立CEOで医療責任者であるTan Min-Han博士は言います。 「私たちは、最初の癌で循環する腫瘍血管細胞クラスターの発見を早稲田大学の工学の専門知識と組み合わせることにより、早期癌の検出技術プラットフォームを構築することになって嬉しいです。」

早稲田大学の健二安田教授は「既存のバイオマーカーを使用して循環する腫瘍細胞を識別することは、多くの場合、偽陰性の結果を招きます。 「Lucenceと一緒に私たちは、最終的な製品が液体生検で循環する腫瘍細胞と細胞クラスターを迅速かつ自動的に検出するための使いやすい診断プラットフォームになるように視覚化します。」

医学腫瘍学者Tan博士は、循環する腫瘍血管細胞クラスターの画期的な発見につながった。1 2016年の科学技術研究機関(A * STAR)で働いていました。 これらの細胞クラスターは、複数の腫瘍タイプで発見され、早期癌の発見のためのユニークなバイオマーカーの役割をすることができます。 早稲田大学とのパートナーシップを通じて、高速マイクロ流体イメージングプラットフォームの開発2、Lucenceは循環する細胞アトラスを構築するものであり、ここで循環する腫瘍細胞と細胞クラスターは、癌の追加の洞察力のために排他的なディープラーニングアルゴリズムで分析することができます。

Lucenceはがん検診および監視のための診断プラットフォームの開発を支援するために、早稲田大学とA * STARから独自の技術ライセンスを確保しました。

Lucenceは現在継続的に改善されているディープラーニングアルゴリズムライブラリで駆動される会社の排他的なアンプルシリコンベースの分子透かしシーケンスアプローチであるLucenceAMPLIMARK™を使用して高感度循環腫瘍DNA液体生検テストを提供しています。 この協力を通じて循環する腫瘍DNAと細胞をプロファイリングする次世代の超敏感癌スクリーニング検査を開発することができ、これは2022年に米国で発売される予定です。

Lucence情報

Lucenceは早期発見と標的治療を達成するために、単一の血液採取では、がんの特徴を検出する精度腫瘍会社です。 Palo Altoに本社があるLucenceは、米国とシンガポールの2つのCLIAライセンス実験を通じてカスタマイズ癌治療のための分子診断サービスを提供しています。 詳細については、 www.lucence.com

早稲田大学について

早稲田大学は、世界中から約50,000人の学生に刺激的な学習環境を提供する私立の研究集約機関です。 早稲田はランキングで最も学問的に選択的で権威のある日本の大学の一つです。 早稲田大学は文部省グローバル大学のプロジェクトの一員として、グローバル時代に日本の学界をリードしている最高の研究学校に属します。


1 Cima I、et al。 Sci Transl Med。 2016; 8(345):345ra89

2 Kim H、et al。 PLoS ONE。 2014; 9(8):e104372

READ  日本、沖縄の海底に眠っている国家」玉手箱」

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close