技術

M1チップベースのMac、CrossOver 20は、Windowsアプリケーションやゲームが動作可能 – Engadget日本版

CodeWeavers

独自開発Appleシリコン」M1」チップを搭載した新型MacではArm構造に転換し、インテルのバージョンMacアプリもRosetta 2によってほぼ問題なく動作すると確認されており互換性に関する不安は薄れつつあります。このプロセッサ移行に伴いインテルCPU用のWindowsを移動BootCampは使用できませんx86_64仮想化アプリケーションも動作しない公表、Windowsアプリケーションの使用は難しいと思いました。

そんな中互換レイヤソフト「CrossOver 20」がM1版MacでもWindows用のアプリケーションやゲームがほとんど問題なく動作したことが報告されています。

CrossOverシリーズは、米国ミネソタ州CodeWeavers社の互換性レイヤソフト。 macOSで(他のLinuxおよびChrome OSのバージョンもあります)、Windowsアプリケーションを動作させるソフトウェアであり、最新の「CrossOver 20 “は、10月にリリースされたもの。アップデートは、AppleのシリコンベースのMacにも対応すると予告されていました。

Cross Over開発チームは、偶然店に在庫があったM1搭載MacBook Air(最廉価モデル)を使用します。 その結果は、ファンレスの廃熱的に制約があり、GPUコアは、他のモデルよりも一つ少ないことを考えると、「信じられないほど(良かった)」ということです。

たとえば、32ビットのインテルWindows用のバイナリを移動しますがWine 5.0(LinuxおよびMacでWindowsアプリケーションをエミュレーションソフトウェア)ベースのCrossOver 32ビットから64ビットブリッジで、インテルのバイナリでArm用に変換することができるRosetta 2を介してのこと。 水面下でこれだけ多くのエミュレーションを実行しながら、ほぼ満足動くことができ、「クール」と評価されています。

M1版のMacには、複数のデスクトップアプリケーションがインストールで正常に動作が確認されたほか、「Team Fortress2」をマルチプレイも成功した。下のビデオのようにいくつかの場所混合される部分もあるが、ほとんどスムーズに動いているようです。

しかし、M1版Macで「Cross Over 20」が動作していることは、macOS Big Sur 11.1のベータ版がインストールされて環境が。 本バージョンでは、Rosetta 2がどのような重要な修正がされているからです。

上記の「Team Fortress2「10年前のゲームであり、最新の処理が重いのAAAタイトルの動作が確認されたわけではない “かなり古いWindowsアプリケーションが概ね良好に動く可能性が高い」ということで、MacでWindowsアプリケーションを愛用しているユーザーには、M1版Macに乗り換えている安心材料が一つ増えたと言えるでしょう。

出典:CodeWeaversのブログ

通じる:9to5Mac

READ  「Appleは、環境のためにLightningを放棄し、iPhoneをUSB Type-Cに対応させて下さい」という主張 - GIGAZINE

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close