トップニュース

Macquarie、Japan Climate Leaders」Partnershipに参加

Macquarie Groupは今日、気候緩和と適応への貢献を強化するサポートメンバーとしてJCLP(Japan Climate Leaders」Partnership)に登録したと発表しました。

JCLP(Japan Climate Leaders」Partnership)は、持続可能なネットゼロ社会を作ることを目的とする企業連合です。 メンバー(2021年4月現在170人)は、共通の目標を共有し、政策立案者、業界の仲間やコミュニティグループと積極的に協力します。 2017年4月からJCLPは日本でRE100、EP100とEV100の取り組みのThe Climate Groupの地域提供パートナーでした。

Macquarieは全世界的にグリーンエネルギー転換を推進し、気候金融リーダーシップイニシアティブ(CFLI)、グローバル適応委員会(CGA)、グローバル企業のリーダーシップの取り組みであるRE100を含むグローバルな取り組みを支援するために最善を尽くしています。 2025年までに再生可能な資源からの建物やデータセンターに供給するすべてのエネルギーを供給することです。

緑金融とインフラ分野の世界的リーダーであるMacquarieは、2010年から再生可能エネルギーへの600億ドル以上を投資したり、準備し、現在の開発、建設または運営に追加50GWを保有しています。 日本でMacquarieは3.7GWの洋上風力と約270MWの太陽光プロジェクトの開発を通じて、2013年から2030年までの温室効果ガスの排出量を26%削減する国の野望をサポートしています。

「私たちは、Japan Climate Leaders」Partnershipに参加して、日本の緑のエネルギー転換を引き続きサポートできることを喜ばしく思います。 私たちのグローバルな経験と専門知識を基に、私たちは、日本の脱炭消化を促進し、純ゼロの目標を達成するだけでなく、全体的にクリーンエネルギー産業の発展させるために最善を尽くしています。」とMacquarieの日本の緑の投資グループのマネージングディレクターJun Ohashiが言いました。 。

/公開リリース。 この資料は、元の組織で提供され明快さ、スタイル、長さのために編集された時点の特性があります。 一覧 ここ

READ  公務員に冬のボーナス、公務員の平均約65万円、3年連続で減少 - NHK NEWS WEB

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close