スポーツ

Manika, Sharath, World TT C’ships 絶食大会で脱落、Sathiyan、2ラウンド進出

インドのスター・パドラー・マニカ・バトラ(Manika Batra)が世界卓球選手権大会女子絶食戦で1ラウンド敗北で墜落し、サティヤン・グナナセカラン(Sathiyan Gnanasekaran)が水曜日男子シングルス2ラウンドに進出した。

もう一つのインドで最高の選手であるシャラス・カマルも、第1ラウンドで男子シングルスの試合で脱落し、Ayhika Mukherjeeは女子シングルス2ラウンドに進出しました。

Gnanasekaranは男子シングルスの第1ラウンドで勝利した唯一のインディアンとして浮上しました。

日本女子ランキング1位の東京オリンピックバトラガブラジルの高橋ブルーナに3-4(11-5、15-13、8-11、4-11、6-11、11-4、7-11)で敗れした。 。

競争相手のSutirtha MukherjeeとMadhurika Patkarは、韓国のチェ・ヒョジュ(11-8、4-11、5-11、0-11、4-11)と日本のSaki Shibata(7-11、4-11、3-)に負けました。 ).11,8-11)。

Ayhika Mukherjeeは、エジプトのFarah Abdel-Azizを4-2(11-7、14-16、8-11、11-6、11-9、11-6)に分割し、女性のシングルスで唯一のインドの勝者でした。

現在世界ランキング18位の日本の早田ひなと64強戦を行う。

BatraはミックスダブルスでSathiyanと対戦し、デュオは64の強さで負の戦闘をしました。 BatraとArchana Kamathも女子ダブルスで1ラウンドの不戦勝を収めました。

男子絶食では東京オリンピックのグナナセカランが男子絶食開幕戦でウクライナのヤロスラフズムデンコを4-0(11-2, 11-9, 11-4, 11-3)に折り、ロシアウラジミール卓球連盟と衝突を起こした。 試みレンコ64強。

他の3人のインド男子シングルス選手(Sharath Kamal、Anthony Amalraj、Harmeet Desai)はすべて第1ラウンドで敗れた。

4回オリンピックに出場したシャーラット・カーマルはベルギーのセドリック・ヌイチンクに1-4(11-9、5-11、6-11、7-11、9-11)で敗れ、ハルミット・デサイは0-4 (9-11,7)と敗北した。 -11、7-11、4-11)ドイツのBenedikt Duda。

AmalrajはナイジェリアのBode Abiodun 3-4(6-11、11-5、11-5、8-11、12-10、9-11、6-11)に降りました。

Sharath Kamalは混合ダブルスで競争を続けています。 彼とArchana Kamathは、Sami KheroufとKatia Kessaciのアルジェリアフェアを3-0(11-7、11-6、11-7)に切り、第2ラウンドに進出しました。

シャラス・カマルはまた男子ダブルスでサティヤンと対戦し、デュオは最初のラウンドでさよならを告げた。

READ  レッドブルF1の代表 "ホンダF1と真のパートナーシップを構築している"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close