スポーツ

Matthew Wrightは神戸パラスがデビューし、日本の溝を探します。

元PBAスターMatthew Wrightが怪我のため日本B.リーグシーズンを遅く始めた後、ついにリズムを見つけました。

マニラ、フィリピン – Matthew Wrightは日本のBリーグで彼の溝を探し始め、神戸パラスは今シーズンについにデビューしました。

Wrightは怪我のためにキャンペーンを遅く始めた後、10月22日土曜日に京都市立ジムで行われたディビジョン1アクションでNiigata Albirex BBを95-77に切り、Kyoto Hannaryzを破った。

元PBAオールスターであり、Mythical TeamのメンバーであるWrightは、選抜でほぼ32分間、16得点、3リバウンド、5アシスト、1スチールを提供しました。

一方、Parasは今シーズン初めての試合を観戦し、Altiri ChibaがGold’s Gym Makuhari Bay Park ArenaのDivision 2で同僚フィリピンRoosevelt AdamsのKagawa Five Arrows(75-66)を制圧するのを助けました。

ベンチからのParasは12分以上ログインし、9得点、2アシスト、1ブロックを記録しました。

アダムスも10得点7リバウンド1アシスト1スチールで目立つ数字で仕上げた。

フィリピンの輸入品を特徴とするもう一つの決闘で、レイパークと名古屋ダイヤモンドドルフィンはドルフィンアリーナのディビジョン1でDwight RamosとLevanga北海道(107-83)を解体しました。

Parksは4リバウンド、2アシスト、スチールの上に2得点のためにフィールドで1/7を撃ち、攻撃的に奮闘しました。

ラモスは14得点、8リバウンド、5アシスト、4スチール、1ブロックを記録し、個展でより良い姿を見せた。

他の2人のフィリピン選手は、Division 2プレイで2桁の成績を記録しました。

ジョーダン・ヘディングは10得点を上げて個人2桁連続得点を続けたが、ベルカが西宮ストークスに100-95でひざまずいて長崎を助けるには力不足だった。

26歳のこの左腕は選抜で27分以上走り、4リバウンド5アシストを記録した。

グレッグ・スローターも福島ファイアボンズを相手に10得点6リバウンド2アシストを記録し、ライジングジェファー福岡が92-71で勝利した。

元PBAビッグマンが試合を開始し、5対7シューティングで17分以上の効率性を証明しました。

しかし、Kiefer RavenaはChiba Jets(103-59)に大きな敗北を吸収した後、Shiga Lakesの負けたスキッドが3に伸びたほど幸運ではありませんでした。

ラベナはレイクスが序盤に大きく遅れた試合で9得点6リバウンド3アシスト2スチールを記録した。

その他の結果

ディビジョン1

サンエンネオフェニックスdef。 大阪エベサ、77-69。 (サディラベナ – 6点、5リブ、9アースト、29:12分)

仙台89ers def。 信州勇敢な戦士たち、67-54。 (Matthew Aquino – 0点、2回繰り返し、1回、7:16分)

琉球ゴールデンキングスdef。 秋田北部ハピネッツ、71-69。 (J ワシントン – DNP)

広島ドラゴンフライdef。 ファイティングイーグルス名古屋、65-59。 (ジャスティン・バルタザール – DNP)

– ラッパードットコム

READ  マスターズチャンピオン秀樹松山、日本の東京オリンピックの話に追加

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close