MGMジャパン、大阪IRの基本契約署名確認

Estimated read time 1 min read

MGMリゾートジャパンは、今週、子会社の大阪IR(SPC)が大阪府及び市と大阪/夢島地域指定複合観光施設開発基本条約を締結したことを確認しました。 同社はまた、地域開発計画の草案を完了した。

MGMは声明でMGMリゾートジャパンの主要コンソーシアムパートナーであるORIXが大阪でIRを運営するために共同設立した大阪IR(SPC)が大阪と基本契約を締結したと明らかにした。 この取引は先週、大阪関係者が初めて発表した。

MGMは声明を通じて「MGMとORIXはこのプロジェクトを通じて大阪、関西地域、日本全体の持続可能な経済及び観光成長に寄与することを希望する」と明らかにした。 「この目標を実現するための手続きを推進するために、公共部門と民間部門の両方と協力し続けます。」

基本協定の目的は、「地域の承認のためにSPCが運営者になると同時に、大阪府、大阪市、SPCの義務と必要な手順を規定することです。 認証申請および履行契約締結時に円滑な開始を保証します。

契約書には業務スケジュールを厳格に遵守するだけでなく、6億5千万円の履行保証金も明示されています。

SPCの費用分担は、インフラ開発に202億5000万円、「選択費用」1億2500万円、環境評価費用7000万円に分けられます。

大阪IRの予定地である有島島が現在直面している地下障害物除去や土壌汚染対策など様々な土地問題に対する措置は、今後この義務を遂行することが承認されることを条件として大阪市が処理します。 大阪市議会会議。

READ  Nittany Lion卒業生Tom Hovasse、日本を史上初の五輪準決勝に導いた
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours