技術

Microsoft、WindowsターミナルをデフォルトのWindows 11コマンドライン環境にする

Microsoftは、Windowsターミナルを来年のWindows 11のデフォルトのコマンドライン環境にする予定です。 Windows 11は現在Windowsターミナルをデフォルトに設定することをサポートしていますが、デフォルトのターミナルエミュレータは常にWindowsコンソールホストでした。 マイクロソフトはこのコンソールホストの交換を正式にサポートしていません。 つまり、コマンドプロンプトとPowerShellは常にWindowsコンソールホストで開きます。

「2022年にWindowsターミナルをWindows 11デバイスのデフォルト環境にする予定です。」 Kaylaシナモンの説明、MicrosoftのWindows Terminal用プログラムマネージャ。 「私たちは、Windows参加者プログラムで始まり、Windows 11のすべての人に到達するまでリングを通過します。」

この変更はほとんどのWindowsユーザーには影響しませんが、開発者はコマンドプロンプトを起動しようとするとすぐにWindows端末を表示します。 特に、MicrosoftがWindows Terminalを開発者のための堅牢な家にするために多くの努力を払ってきたため、全体的なWindowsコンソール環境を近代化する変更点です。

ウィンドウターミナル Windows 10で初登場 2019年に びっくり発表 その年のMicrosoftの年次ビルド開発者会議で。 Windowsターミナルアプリには、テーマ、カスタム、GPUベースのテキスト全体のレンダリング、絵文字のサポートなど、複数のタブのサポートが含まれています。

READ  iOS 15ベータ3、新しいアドレスバー、再読み込みボタンで議論の余地があるSafari再設計の調整

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close