MLBドラフトリーグデビュー戦を行ったスラッガーリンタロササキホーマー

1 min read

SportsLookで記事全体を読む – MLBドラフトリーグデビューのスラガーリンタロササキホーマー

佐々木林太郎(Rintaro Sasaki)はトレントン・サンダー(Trenton Thunder)で印象的なデビューを果たしました。 MLBドラフトリーグ 6月11日火曜日。

クリーンアップ打者として、未来のスタンフォード大学選手は3回にFrederick Keysの選抜投手Grant Richarsに2点ホームランを破った。 0-2ファーストボールの強力な突風は352フィート(約107.3m)を飛んで右翼水塀を越えた。 これにより、Thunderは3-1に先んじました。

サンダーは、メリーランド州フレデリックのハリーグローブスタジアムでキーズに対して11-1の勝利を記録しました。

佐々木は5打数2安打、2得点、3打点を記録した。 彼も一度歩いた。

6回には右戦ツーアウト安打を安打で掲げて5-1でリードを増やした。

サンダーのアドニス・スミス監督は、佐々木について「一晩は興味深い。彼は私たちのクラブに新しいエネルギーをもたらした」と述べた。 フレデリック新しいポスト。 」[Sasaki’s] 非常に強く、非常に才能があり、自分が打石で何をしているのか理解しています。 その子は遊ぶことができます。」

スミスは、ササキがMLBドラフトリーグで最初のホームランを打つのを見たエキサイティングな経験について詳しく説明しました。

「何か特別なことが起こると思ったので、実は振り返って友達に「私もこれを見て感心したい」と言いました。」 それから、その人が頭を落とすことを知っています。 [of the bat] そして彼はクリア [the fence]MLB.comはスミスの言葉を引用しました。

2,488人の観客が佐々木のMLBドラフトリーグデビューを見るために出席しました。

佐々木りんたろ
佐々木林太郎が3回右翼水塀を越える2点ホームランを打った後、ベースを回っている。 (AP/KYODO経由)

佐々木林太郎(Rintaro Sasaki)、NPBの代わりにアメリカ大学ボールを選ぶ

佐々木(19歳)は花巻東高校時代、日本の新記録である140ホームランを破った後、2024年4月にスタンフォード大学に入学した。 彼は現在MLB選手である大谷翔平と菊池裕生の後に続いて岩手県の名門野球学校でプレーしました。

彼は2024年の秋からスタンフォードでの資格を得ます。

プロのキャリアを始めるためにNPBチームでプレーし、後でMLBチームに移籍することを目指すのが日本選手の一般的な経路ではなく、Sasakiは強力なスタンフォードチームのために競争する準備をしています。

2021年に設立されたMLBドラフトリーグは、スプリットシーズン形式の6チームで構成されたサーキットです。 チームはニュージャージー州、オハイオ州、メリーランド州、ペンシルベニア州、ウェストバージニア州にあります。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワード'専用ホームページ、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  日本3x3バスケットボール| ナショナルスポーツ
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours