Montana Fouts、2022ワールドゲームのためにアメリカのソフトボール代表チームに参加

Estimated read time 1 min read

アラバマ州バーミンガム(ウィアート) – Alabamaスポーツで最もよく知られている名前の1つは、今夏のバーミンガムで国際レベルで彼女のスキルを披露します。

アラバマ大学ソフトボールチームの新任シニアであるMontana FoutsはTeam USAに加わり、2022年ワールドゲームに参加する予定です。

Foutsは昨年WCWS(Women’s College World Series)で頭角を表し始め、UCLAの現ナショナルチャンピオンに対してパーフェクトゲームを投げました。 WCWSで5回目のパーフェクトゲームで、アリゾナを相手に16個の三振を掴んでから一日で行われました。

優れた選手は元大学ソフトボールスターHaylie McCleneyの別のアラママスターと加わりました。 McCleneyはTuscaloosaにいる間4つのAll-Americanでした。

「故郷に戻ってTeam USAの制服を着て、家族や友人の前で試合をするために正直に言って、私が再びする機会があるとは思えませんでした。 本当に、本当に興奮しています」と述べた。

FoutsとMcCleneyに参加すると、Monica Abbott、Dejah Mulipola、Charla Echols、Amanda Lorenz、Michelle Moultrie、Ally Carda、Megan Faraimo、Bubba Nickles、Jailyn Ford、Taylor Pleasants、Kinzie Hansen、Gwen Svekis、Janae Jefferson、Aliあります。 そしてハンナ・プリペン。

もちろん、アボットは史上最高の大学ソフトボール選手の一人です。 テネシー大学にいる間、彼女は189勝、2,440三振、112の完封でNCAA記録を立てました。 彼女はまた、23のノヒーターと6つのパーフェクトゲームでキャリアを終えました。

チームはWashington Huskiesと共に2009年の全国チャンピオンシップで優勝したHeather Tarrが指導します。

Tarr氏は、「このリストには経験と若さの両方が含まれており、2022年の今年の夏のアラバマで開催される世界のゲームで金メダルを競い合うとき、ファンが好きなチームになると心から信じています」と語った。 「このチームが活動しているのを見てとても嬉しいです。 私たちは、アメリカのソフトボールの時代に入って、私たちの前に置かれた基盤を構築することを期待しています。」

米国代表チームは昨夏、日本に敗れたオリンピック金メダルに対する復讐を狙っている。 ソフトボール大会の開幕戦は7月9日に始まります。

READ  日本の女性バイカーが50歳の男性で明らかになりました。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours