トップニュース

MSI Creator 15レビュー:ゲームの日に良いバランス| ギズモ・ジャパン

米Gizmodoゲーム愛Joanna記者からMSIクリエイター15レビューが届きました。 MSIとすると、ゲームPCですが、今回はゲーマーよりクリエイターよりターミナルです。


クリエイター専用端末とゲーマーのための端末は一見差別化が非常に困難である。 高いグラフィックのゲームを迅速にロードするために、動画のエンコードにも迅速に実行するためにゴサヤンヌン当たり前。 ストリーミングシステム機器をあれこれ接続のために、そしてカメラのRAW画像を転送するために、ポートが充実も当たり前。 最近では、4Kディスプレイも搭載されていますね。 しかし、今回のレビューしたMSIのCreator 15は、その名の通り、ゲーマーよりクリエイターのために。 高音質のスピーカーとタッチ機能あり華やかなディスプレイにより、動画制作者やミュージシャンのに応じて、焦点を合わせたシステムです。

MSIクリエイター15

写真:Joanna Nelius / Gizmodo

これは何ですか? :MSIのクリエーターのためのノートPC(価格抑えめ)。

価格:1,900ドル(約19万8000円。上位モデルは、2900ドル=約30万2500円)。

良い点:価格、デザイン、薄いベゼル、キーボードのパフォーマンス。

残念である:ディスプレイの明るさがいまいちと色の豊かさが同じレベルの他のノートパソコンと比較するといまいち。

価格は安いようにハイアマチュア用

MSI Creator 15の評価では、ハイスペック割には手頃な価格。 だからといって安いわけではなく。レビュー端末のスペックは、プロセッサインテルコアi7-10875HグラフィックがNvidia RTX 2060メモリは16GB(8GB x 2)DDR4-2666MHzストレージ1TB NVMe SSDそして15.6インチタッチスクリーンディスプレイ(1080p / 60Hz)。 NTSC規格は、色再現率72%、RGBの約100%に相当。 明るさは最大360nits、これクリエイターのための端末は少し暗いかも。今価格は1,900ドル(約19万8000円)。ちなみに、4Kタッチディスプレイ搭載でRTX 2080 Super Max-Qが乗った最上位モデルは2,900ドル(約30万2500円)。同様にクリエイターのための端末HP ZBook Create G7基本的なモデルが2,750ドル(約28万7000円)で仕事を考えるとスタートラインが低く設定されているのは魅力的かと。

ただしZBookに比較すると、ディスプレイの色リッチさやベース音の重さは出ていないと思いますが、そこには「専門的」と一言添えてたいところ。 機器にお金をかける・かけるプロは、より良い端末を選択することです。 と、Creator 15は、学生やアマチュア半創造的な活動を始めたばかりだと階層に適していると思います。 ディスプレイの画質はなっているが2800ドルの16インチMacBook Proとも機能的にはやりあえるレベルに入ると思います。

ボディデザインがかっこいい

Creator 15のボディデザインはかなり好きです。 もしかしたら、今までレビューしてきた端末で最上位に良くても個人的に好きなスポーツカーのデザイン意識したという感じない人なのに、Creator 15は、特に良いです。 そのシンプルさが良いです。 Razer端末と同様に、MSIのGS66ステルスも好きですが、Creator 15度ほどいいですね。 マットブラックのデザインにロゴが調和を成しているのも洗練された感じ。 マットなので、指紋がつきにくいのも嬉しいですね。 キーボードのキーが大規模なバッチ間隔が徐々にしているところも良い。 キーパッドがないのは、個人的に申し訳ありません。

端末全体のどっしりとした感じが、実際の重量は4.6ポンド(約2km)なので、最軽量ではないが騒ぐほどでもなく。 どっしりとした感じの原因は、おそらく、その厚さだと思います。厚さ0.72インチ(約1.8センチ)だからこちらも薄いとは言わないが通うクリエイティブ端末としてある程度の安定感が欲しいので、これはこれで逆にいい。

性能は価格以上

性能も最高。 Intel Core i7-10875HとNvidia RTX 2060であるため、悪化するはずがないんです。そうすると、IntelのIris Xeグラフィック搭載11世代のプロセッサの情報端末に搭載され始めており、Nvidiaは、新しいグラフィックスカード発表しましたが(もちろんRTX3000シリーズのノートパソコンに搭載されているのは、もうちょいまずか)まだ注目したいのは、実際の動き。 なんとCreator 15のCore i7(Intel 10世代)は、11世代i7よりターボ・ブーストが、上記! 2,000ドルを削減端末がパワフル信頼している。

201116msi-01
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

201116msi-02
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

201116msi-03
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

201116msi-04
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

Gizmodoのレビューで行う一連のベンチマークは、次のような感じ。 Blenderでの3D画像のレンダリングが8.5分。 Handbrakeで4K動画で1080p(30fps)でエンコードさ8.75分。 バッテリー餅は6時間10分(使い方によって異なりますが、正式には9時間)。 Dell XPS 15とmacBook Pro 13インチのバッテリーテストの結果は、8時間は少しだったのでCreator 15は何それなり。

クリエイターのためのであるが、もちろんゲームプレイも最高。 超設定1080pで再生して、「Total War:Warhammer II」が平均65fps “シャドウ・オブ・ザトゥームレイダー」が70fps”遠い5」が83fps “オーバークロック”が187fps」メトロエクソダス」が44fps(レイトレOFF)。 そして「シド・マイヤーの文明VI」のターン時間が平均7.6msであった。 Creator 15のスペックを考えると、誰もRTX 2060の予想に乗っていると思います。ディスプレイが60Hzだから、元以上のグラフィックス性能は必要ないだろう。

熱問題は大きく心配なし

10世代Intelプロセッサ搭載端末は、個人的には熱の問題が気になっていましたが、Creator 15銀プロセッサの他の端末に比べてあまりにも熱くなりません。 冷却システムと端末の素材のおかげなのかキーボード周辺に50も少しキーボードの中心部が最も熱く54度程度。 Core i7は、最大98度程度がしまうので、かなりまともなほうかと。 キーボードで数分の指を置いたままにすると汗ばみが、それでもゲームをやめようとするほどの不快感はありません。 キーボード中心の54番ホットであるが、これにより、ゲームや創造業務に支障がないか。

201120msicreator1502
ディスプレイ180もかかっている。
写真:Joanna Nelius / Gizmodo

グラフィックカードだという人は、問答無用で予算アップで他の端末を考えたほうがいいでしょうが、それでもCrator 15クリエイターのための端末で、他のコンピュータに一緒に購入選択に入れるものである製品です。 MacBook ProまたはRazer Blade 15 Advancedすることができることはほとんど数に、価格は抑えめ。 洗練されたデザインは、他のモデルよりも熱の問題もない。 全方位的にバランスの取れた端末だと思います。

まとめ

・他のクリエイティブノートPCに比べて攻撃の価格。

・USB 3.0、USB-C、SDなどのポートの充実が親しい。

デザインが良い&キーボードの感じが良いです。

ディスプレイの色がよりリッチであれば、だね。

出典: MSI

READ  日本のマウイ文化協会、弾力性上で10の賞を受賞

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close