MWCはAIクローン、鼻IDを特徴としています。

1 min read
  • Valentin BontempsとJoseph Boyle記者/ AFP、スペインバルセロナ

モバイルワールドコングレス(MWC)は主に通信業界の大物のための集まりですが、膨大な会議の主要道路から離れた場所には常に隠された技術宝石があります。

先週のイベントで発見された最もユニークな製品の中には、AI(AI)複製技術がありました。

広告スローガンのように、「あなたは永遠に生きることができます」は最高です。

写真:ロイター

これがMemori Yamatoが日本企業Alt Inc.の「個人化されたAIクローン」を説明した方式です。

「あなたの子孫は、あなたが死んだ後もあなたと話し続け、交流することができます」とヤマトは言いました。

アイデアは、生きている間、できるだけ多くのビデオ、画像、オーディオサンプルをアップロードすることです。

写真:ロイター

システムはそのデータを使用してAIミラーを作成し、デジタル世界でユーザーを複製します。

「それはあなたのように見えます。それはあなたの声で話し、あなたのようにも思うでしょう」と彼女は言った。

このアイデアは作成に9年かかり、初期のユーザーからのフィードバックは、この技術が外観と声をよく作ったと提案すると彼女は言いました。

ノーズプリント

子犬の鼻は人間の指紋と同様の識別特性を持っています。 韓国のスタートアップであるPetnow Incは、この情報で棒を追う犬のようにそれを持って走り、マイクロチップではなく鼻跡に基づいてペットの生体認証データベースを作成しました。

「1940年代から、私たちは子犬の鼻が指紋のように機能することを知っていました」とPetnowのビジネス開発マネージャーであるPeter Jungは言いました。

韓国では毎年約100,000匹の動物が捨てられています。

「人々はプロセスが好きではないので、10%未満がチップを持っています」と彼は言いました。

Petnowは写真だけで済み、残りはAIが処理し、写真が身元確認に適するようにします。

Jungは、昨年から50,000人のペットの所有者が登録したと述べた。

猫愛好家は心配する必要はありません。

彼らの鼻は識別するには小さすぎるかもしれませんが、各猫の顔はユニークであり、システムで使用できると会社は言いました。

飛ぶ

SKテレコムは、早ければ2025年なら空想科学小説とスーパーリッチの夢に登場する空を飛ぶタクシーを利用できると言った。

MWCでは、一部の参加者は、バーチャルリアリティヘッドセットとジャダーリングシートを備えたプロトタイプのおかげで、初期の味を見ました。

ヘリコプターとドローンの中間地点にあるこの宇宙船には、垂直離着陸が可能な6つの電気モーターがあります。

最大4人の乗客を乗せることができ、最大時速320kmの速度で移動できます。

韓国最大の通信プロバイダーは、カリフォルニア州のスタートアップJoby Aviationと共に開発し、地球温暖化を追加することなく韓国都市の混雑を解決できることを願っています。

ケンウォンSKテレコム課長は「韓国は都心で交通渋滞が激しいが、高速道路や地下鉄など公共交通システムを構築するには社会的費用が多い」と話した。

「このUAMを使用して [Urban Air Mobility] サービスは、多くのインフラストラクチャを構築することなく顧客の移動時間を短縮できます。」と彼は言いました。

絶対に一人で

人々は彼らと「感情的な関係を築く」ことができる「社会的にインテリジェントな」ロボット会社で老年を過ごすことができます。

これがNHOA(Never Home Alone)というロボットを開発したスペインの技術企業Eurecatのビジョンです。

家に住んでいる高齢者の孤独を減らすように設計されています。

オレンジと白のロボットはキーが160cmで、タッチスクリーンと音声で制御できます。

Eurecat医療イノベーションマネージャであるDavid Mariは、目標は人間関係を置き換えるのではなく、高齢者が使用するアプリケーションに関連付けられているオブジェクトを「人間化」することだと述べました。

コメントが確認されます。 記事に関連するコメントを維持します。 悪口とわいせつな言語、あらゆる種類の人身攻撃、宣伝などのコメントは削除され、ユーザーはブロックされます。 最終決定は台北タイムズの裁量に従います。

READ  英国のDrax死因はMitsubishiと否定的な放出捕集技術を取引します。
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours