エンターテインメント

MY FIRST STORY Hiro父・森進一の前で「襟裳岬」歌唱中居正広「ちょっと泣きたくなった」 – Real Sound | リアルサウンド

松本人志と中居正広がMCを務める「松戸to中井〜マッチング夜〜」(フジTV系)が11月21日に放送された。

このプログラムは、松本と中井が一致した」会う見たい2人」対談の様子を仲人に見守る実験トークドキュメンタリー。 甲がヒロト(Theクロマニヨンジュ)と菅田将暉、森進一とHiro(MY FIRST STORY)の対談が実現した。

なかなか芸能番組に出演してい甲本は知人の松本、中井の熱烈なオファーに応じて出演を決めた。 そんな甲本須田は、ファッション、単語、すべての面で影響を受けてきた。 中井の若いバンドや音楽の転送のために考えを聞くと、甲本は “私は若い人はみな良いと思う。何かと言えば、やはり音楽は何いいかという形がありません、最終的に何かやったるどうしてというその気合とか、そんなが最も重要だと考えている。その意味でも、若い人すごいです」と今のバンドシーンに触れながら「一つの他の点は、アナログ世代とデジタル世代の差が1箇所に感じるのは、歌詞を聞いて過ぎ去っ若者は、アナログ時代は、我々の音にも入っていたので、洋楽でも何でも、すべて素晴らしかった。意味なんかどうでもよかった」「デジタルと、それは何かこのような情報にきれいに入ってしまって、歌詞ですね、文字を追って通ってたような気が少しある。いくつかのよ?」とコメント。 これ菅田は頷きながら「何を意味するか、またはすぐに調べることができてしまいますね全部」と答えた。

今後の異常を聞いた甲本は「考えたことがないが、そのような質問をよくされているんです。そのたびに思いますが、私は夢とよく分からない執着は何合わせてしまうものであるような気がします。それの一つであるような感じがする。私は子供の頃、何かをつかむてそちらに向かって行くと同時にバンドがしたかった。それが夢だと思った。で、1つ、複数の人の話を聞いていると「あなたの夢は何?」と言えば「バンドで金持ちになりたい “とか “バンドで有名なこのされたい」と二言う1つにしておけ。 金持ちなりたいのなら、バンドは捨てと「金持ちになりたい」しろと。 有名になってたいのなら、「有名になりたい」と言うため、手段としてのバンドなので、何でもいいじゃんと」「夢というのは、目標であることはないかと私は思います。 そういうことを考えると、私は10代の頃のバンドを始めた瞬間、すでに実現しているです。 そして今も働いていますずっと〜を実現している。 また、ずっとこのまま大丈夫です。 その頃良かったのは一度も考えたことがない。 今のような多聞」と3人は今の楽しさを伝えた。初対面のマッチングを終え甲本は須田に「ありがとう。 また、しかし、明らかに会うことができている。 怒りも知っていて、老子君も知っている」と共通の知人の指名再会を約束した。

READ  DMM GAMESの新作「ガールズブックメーカー〜君が描く物語〜」を再生します。名作の世界をめぐる冒険に出よう

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close