経済

Namma Metro、日本でRs 3.7k croreローン獲得-The New Indian Express

特急ニュースサービス

BENGALURU:日本政府傘下の行政機関である日本国際協力機構(JICA)は、Bengaluru Metro Rail Corporation Limited(BMRCL)の2段階に3,717 croreの融資を提供する予定です。

公式発表によると、R6(Nagawara-Gottigere)、Phase 2A(Silk Board-K R.Puram)とPhase 2B(KR Puram-Kempegowda International Airport Terminal)を包括する80kmのメトロ鉄道ネットワークの開発のために金額が提供されたし。 。

日本のODA借款協定は先週の金曜日、財務省CS Mohapatra経済長官とJICA India Matsumoto Katsuo代表が署名した。

ファンドについての質問にBMRCL専務理事Ajay Sethには「融資額がすべて署名しました。 ただし、2A、2B上の承認後効力が発生します。 この契約は、2段階のReach-6にも適用されます。 これRolling Stockと信号伝達に資金を提供することです。」

これKatsuoは「バンガロールは、2015年にデリーに続き、CO2排出量で2位を占めヘトウミョイプロジェクトは、約2031年までに年間89,952トンのCO2温室効果ガスの排出量を減らすのに寄与するものと予想されます。」と言いました。

READ  「無料」は永遠にないですか? 「Googleフォト」が無制限の保存を終了することを意味| WIRED.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close