NASA、DAVINCIとともに「急降下」と金星探査の準備

2 min read

DAVINCIは、金星の表面近くの高温と圧力に耐えることができる直径1メートルの探査船を送り、雲の上から過去の大陸だったかもしれない地形の表面の近くまで大気を探査します。 自由落下の最後のキロメートルの間(ここに示されたアーティストの印象)、探査機は初めて金星で最も深い大気の鮮やかな画像と化学測定をキャプチャします。 クレジット: NASA/GSFC/CI Labs

レオナルド・ダ・ヴィンチのルネッサンスビジョンに触発[{” attribute=””>NASA is presently preparing its scientific return to Venus’ atmosphere and surface with a mission known as the “Deep Atmosphere of Venus Investigation of Noble gases, Chemistry, and Imaging” (DAVINCI).

The DAVINCI mission will “take the plunge” into Venus’ enigmatic history using an instrumented deep atmosphere probe spacecraft that will carry five instruments for measuring the chemistry and environments throughout the clouds and to the surface, while also conducting the first descent imaging of a mountain system on Venus known as Alpha Regio, which may represent an ancient continent. In addition, the DAVINCI mission includes two science flybys of Venus during which it will search for clues to mystery molecules in the upper cloud deck while also measuring the rock types in some of Venus’s highland regions.

All of these new and unique measurements will make the ‘exoplanet next door’ into a key place for understanding Earth and Venus-sized exoplanets that may have similar histories to our sister planet. DAVINCI will pave the way for a series of missions by NASA and ESA in the 2030s by opening the frontier as it searches for clues to whether Venus harbored oceans and how its atmosphere-climate system evolved over billions of years. DAVINCI’s science will address questions about habitability and how it could be “lost” as rocky planets evolve over time.

NASAのDAVINCIミッションは、金星の起源、進化、そして現在の状態を雲の上の近くから惑星の表面まで前例のない詳細に研究します。 ミッションの目的は、近隣の惑星に関する長年の質問、特に金星が地球のように濡れていて居住できるかどうかに対する答えを助けることです。 先駆的なルネッサンスのアーティストであり、科学者であるレオナルド・ダ・ヴィンチの名を冠したDAVINCIのミッションDeep Atmosphere Venus Investigation of Noble Gass, Chemistry, and Imagingは2020年代後半に始まる予定です。

ビデオスクリプト:

地表面は900度に達し、高度の強力な風が吹き、密度の高い二酸化炭素雰囲気で覆われています。

惑星金星。 地球と大きさと密度は同じですが、類似点はそこで終わります。

地球には水と命があります。

金星は荒涼とした乾燥し、明らかに生命はありません。

Leonardo da Vinciの名を冠したDAVINCIミッションは今、私たちを金星に連れて行き、この神秘的な惑星に関する未解決の質問を解決します。

この興味深い新しいミッションは2029年6月に始まります。

二重重力補助飛行中、DAVINCIは紫外線で雲の上を研究し、雲の動きを追跡し、神秘的な紫外線吸収化学物質を分析します。

両方の低空飛行は、地表面で発散する夜の熱気も調べます。 これらの地質学的手がかりは、表面構成とその進化の全体像を描きます。

2番目の近接飛行から7ヶ月後、DAVINCIは大気下降探査船を発射し、2日間にわたって大気圏に入ります。

探査機は大気から落下し、表面まで測定を行うのに約1時間かかります。

これらの測定には、構成、風、温度​​、圧力、加速度のプロファイルが含まれます。

コアガスは、金星がどのように形成され進化したかを理解するのに役立ちます。 これらの測定のいくつかは古代の水の痕跡を明らかにするかもしれません。

球状探査機には、金星大気に関する質問を解決するために連携して動作する最先端の装置が含まれており、環境の極端な温度、高圧、酸性雲から金星大気を保護します。

ダ・ヴィンチのカメラは小さな観測窓から下を見つめ、探査船が雲の下を通過するとアルファ・レッジョ高原地域の岩石が水で形成された古代大陸。 そして酸素検出学生の共同実験は深い大気でこのガスの役割を明らかにします。

このさまざまなデータセットからの発見は、金星がかつて居住可能であったかどうかを伝えるのに役立ちます。

ヴィーナスは私たち全員を待っており、DAVINCIは私たちをそこに連れて行き、新しいヴィーナスルネサンスを引き起こす準備ができています。

NASAのゴダード宇宙飛行センターは、PI機関としてDAVINCIミッションを率いています。

READ  銀河は私たちが考えたものとは異なる形になることができます。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours