NASAが国際宇宙ステーションの物体がフロリダ州ネイプルズの家に衝突したことを確認

Estimated read time 1 min read

このオブジェクトは、地球大気圏に入ると「完全に燃え尽きる」と予想された。

フロリダ州ネイプルスに住む一人の男は、宇宙オブジェクトが彼の家の屋根を突き抜けて墜落してから1ヶ月が経過して答えを得ました。

NASAで確認 プレスリリース その物体は、国際宇宙ステーションから持ち込まれた老朽化したニッケル水素電池を含む貨物パレットの一部でした。

具体的には、NASAはこのオブジェクトが「貨物パレットにバッテリーを取り付けるために使用されるNASA飛行支援装置のサポート」と述べました。

「2021年3月、NASA地上コントローラーは、軌道前哨基地の電力アップグレードの一環として新しいリチウムイオン電池を配送・設置した後、国際宇宙ステーションのロボットアームを使用して老朽化したニッケル水素電池を含む貨物パレットを宇宙ステーションから放出しました所属社は「宇宙ステーションから放出されたハードウェアの総質量は約5,800ポンド」と明らかにした。

NASAは調査の結果、この物体が金属合金のインコネルで作られ、重量は1.6ポンド、高さが4インチ、直径が1.6インチと評価したと明らかにしました。

NASAは、プレスリリースによると、貨物パレットが地球大気に入っている間、「完全に燃え尽きる」と予想されると述べた。

しかし、支持台は3月8日、フロリダ州ネイプルズにあるアレハンドロ・オテロの家屋根にぶつかったと、オテロは当時ABCニュースに共有した後確認した。 複数の写真 Xのダメージについて

オテロは、3月15日の投稿で、明らかな宇宙オブジェクトが「屋根を突き抜けて」彼の家の2つの階を通過し、そのオブジェクトが「私の息子をほとんど覆い隠した」と言いました。

NASAは4月2日、ABCニュースに送った声明で「家主と協力して物体を収集し、できるだけ早くフロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターで物体を分析してソースを確認する」と明らかにした。 分析が完了したら、より多くの情報を得ることができます。」

4月のインタビューで ウィンクテレビ ポートから。 フロリダ州マイヤーズ・オテロは事件発生当時休暇中だったが、息子が家に帰って被害状況について電話をかけ、「何か家の中を引き裂き、床と天井に大きな穴を開けた」と話した。 」

オテロはWINKに「その言葉を聞いたとき、私たちは不可能だと思い、すぐに隕石だと思った」と言いました。

Oteroは「円筒形で、大気を通ってこの方向に移動したことを頂点の形で知ることができます。今回の画像で生成されたすべてを燃やし、この方向に金属を溶かした」とOteroは言いました。 雪だるま。

「私は震えていました。私は完全に信じられませんでした」 OteroはWINKに家に着き、衝撃のダメージを見た彼の反応について話しました。 「何かがそのような大きなダメージを与えるほど力で私たちの家に落ちる可能性はどれくらいですか?」 彼は「誰も傷つけなかったので本当に感謝している」と付け加えた。

NASAは、支部がオテロの家に被った被害について「NASA​​は、低地球軌道で責任を持って運営し、宇宙ハードウェアを立ち上げる必要があるときに、地球上の人々を保護するために可能な限り多くのリスクを軽減するために最善を尽くしています。 「と言いました。

READ  ジャイアントレッドウッド:世界最大の木「イギリスで繁栄」
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours