理科

NASAが8ヶ月にわたった中断を経て、太陽圏を脱出した「ボイジャー2号」に戻って信号を送ることに成功 – GIGAZINE


ケビン道

1977年8月20日に打ち上げられた無人宇宙探査機ボイジャー2号観測した様々なデータを地球に送信して、宇宙の研究に大きく貢献しています。 2020年3月中旬から米国航空宇宙局(NASA)とボイジャー2号との交信が中断されていたが、2020年11月3日にNASAは「約8ヶ月ぶりにボイジャー2号との交信に成功した」と報告した。

NASA、アップグレードされたDeep Space Network Dishを使用してVoyager 2連絡| NASA
https://www.nasa.gov/feature/jpl/nasa-contacts-voyager-2-using-upgraded-deep-space-network-dish


NASAがVoyager 2を呼び出して船が星間空間での応答| Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2020/11/nasa-calls-voyager-2-and-the-spacecraft-answers-from-interstellar-space/

Voyager 2が8ヶ月の間の無線沈黙の後再びオンライン状態になります。 •The Register
https://www.theregister.com/2020/11/03/voyager_2_back_online/

ボイジャー2号は太陽系外の木星土星天王星ネプチューン探査を目的と姉妹機であるボイジャー1号と前後して発射された。 二プローブは、観測と交信するための装置だけでなく、地球外生命体が発生したとき、地球の文化を伝えるための「ボイジャーのゴールデンレコード「が搭載されていることでも知られています。

1977年に打ち上げられたボイジャー2号の主な任務は、1989年にネプチューンの探査で終了しましたが、その後も太陽系外向けながら継続して実行観測データを地球に送り続けていましたした。 2018年には、太陽から噴き出すプラズマである太陽風の届く範囲から離脱して星間空間に入ってボイジャー1号に続き、太陽圏手を差し伸べるした2台の第プローブされた。

NASAの探査機「ボイジャー2号」が太陽系を離脱して、「星間空間」に到達 – GIGAZINE


記事の作成時点では、地球から約188億kmほど離れたところにあるボイジャー2号との交信は、NASAが発足ディープスペースネットワーク(DSN)はネットワークによって行われています。 DSNは、低軌道衛星ではなく、惑星・小惑星などの探査前半と1年を通して交信するために構築されたネットワークです。

DSNの交信を担当する地上局は、米国カリフォルニア州のゴールドストーン深宇宙通信施設スペインマドリード深宇宙通信施設オーストラリアキャンベラ深宇宙通信施設3つであり、それぞれ120度の間隔で設置されています。 すべて超高感度受信機と強力な送信機に内蔵されていますが、DNSの運用が始まったのは1960年代であり、施設の老朽化が進んでいること。

てんとう虫

だからNASAはキャンベラ深宇宙通信施設の直径70mの巨大な衛星アンテナディープスペースステーション43(DSS43)改修工事を実施することに決定した。 改修工事により、2020年3月中旬からDSS43の交信機能がオフラインになりました。

基本的にDSNは、一つの地上局がダウンしても、他の地上局が通信をカバーすることができる構造になっていますが、地球の南に進路をとっているボイジャー2号はまれな例外であり、北半球のゴールドストーン深宇宙通信施設とマドリード深宇宙通信施設からの信号を送信することができません。 したがってボイジャー2号と交信することができる唯一の衛星アンテナであっDSS43がオフラインで、地球上でボイジャー2号に信号を送る手段がなく交信が途絶えてしまったこと。

何よりも、ボイジャー2号から送信観測データは、キャンベラ深宇宙通信施設の幅34mのアンテナを使用して受信することができました。 したがって、完全に通信が途絶したというわけではなく、あくまで地球からの信号を送信することができない一方通行状態になってしまったといいます。

巨大なクレーンを使用して開かれたDSS43の改修工事の様子は、次の動画を見ればわかります。 ボイジャー2号との通信に使用される無線送信機が47年ぶりに更新されたほか、電気ケーブル、電源、冷却装置などの交換が実施されたようです。


10月29日DSS43に新しく設置された無線通信機器をテストするために、3月中旬に工事が始まって以来初めて、オペレータがボイジャー2号にコマンドを送信します。 ボイジャー2号との通信は、片道17時間往復34時間の遅延が発生するが、NASAはボイジャー2号から送信 “地球からの信号を受信した「確認信号をキャッチし、8カ月ぶりの交信に成功しました。

今回の交信に成功してDSS43に新しく設置された装置がうまく動作することが確認された。 NASAのジェット推進研究所でDSNのプロジェクトマネージャーであるBrad Arnold氏は、「今回のボイジャー2号とテスト通信は、私たちが実行する処理が順調に進んでいることを示しています」と述べた。

この記事のタイトルとURLをコピー

READ  350年前に出現した新星予想よりも明るい未知の現象であった可能性| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close