理科

NASAの小惑星探査機オシリスレックスサンプル採取時の映像が公開| sorae宇宙のポータルサイト

ベンヌ表面と接触した「オシリスレックス」のサンプル採取装置」TAGSAM」(Credit:NASA / Goddard / University of Arizona)

NASAは、日本時間の10月22日の前日に行われた小惑星探査機「OSIRIS-REx(オシリスレックス)」によると、小惑星ベンヌでサンプル採取時の映像を公​​開しました。映像には採取地点「ナイチンゲール」この近くの今後の様子や、サンプル採取装置「タグサム」で噴射された窒素ガスと上昇時のロケット噴射によって表面の物質が舞い上がっている様子この把握されています。

この映像は、オシリスレックスに搭載されたカメラのいずれか「セムケム」応じて着陸前後の約5分の撮影された82枚の写真で作成れました。 映像は降下中の高度25mで撮影された画像から始めて、上昇した後、約35秒が経過高度13mで撮影した画像で終わります。

NASAによると、オシリスレックスはナイチンゲールに設定された目標地点から1m以内の距離に秒速10cm下降。TAGSAMの先端はベンヌの表面に約6秒間接触していたします。 その後、オシリスレックスは秒速40cm上昇しベンヌの表面を離れました。 TAGSAM端がベンヌの表面に接触した1秒後には、表面の物質を踊り高めるために窒素ガスが噴射されたサンプルの多くは、最初の3秒以内に採取されたものとみられています。

オシリスレックスの使命は、ベンヌ表面から少なくとも60グラムのサンプルを持っていくことができ計画されています。 今回の採取に十分な量のサンプルを得ることができていると判断された場合には、現地時間10月30日にサンプルが回収カプセルに保管されます。もし十分な量のサンプルを採取することができなかったと判断された場合には、ベンヌの赤道付近にあるバックアップ採取ポイント「オスプレイ」の第二の採取2021年1月12日試行されます。

ベンヌの表面に向かって下降するオシリスレクスウルグリーン想像も(Credit:NASA / Goddard / University of Arizona)

関連:NASAの小惑星探査機オシリスレックスがサンプル採取を実施!

画像クレジット:NASA / Goddard / University of Arizona
出典: NASA
文/松村武宏

READ  芸術と科学の融合。浮遊する球体のインテリア "Buda Ball(ブッダボール)」 - Engadget日本版

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close