理科

NASAのArtemis Iメガムーンロケットは6月に別の事前発射テストを受けます

それだけ ねじ チームは今月末、フロリダのケネディ宇宙センターの打ち上げ通り、Space Launch SystemとOrion宇宙船を含む322フィート(98メートル)の高さのArtemis Iロケットスタックを転がす準備をしています。

ウェットドレスリハーサルとして知られる重要なテストは、ロケットが発射台を離れずに発射のすべての段階をシミュレートします。 このプロセスには、推進剤のロード、発射シミュレーションのフルカウントダウン、カウントダウンクロックのリセット、ロケットタンクの排水が含まれます。

4月に3回のウェットドレスリハーサルを試みた後、ロケットスタックは4月26日に車両組み立てビルにロールバックされ、テストの試行中に発生した問題を解決しました。

これまでチームはヘリウム漏れを起こしたロケット上部の欠陥のあるチェックバルブを交換し、テールサービスマスト水素漏れの原因を修理する作業を行っています。 一方、発射台にガス窒素を供給するエアリキッドは、アルテミスIのテストとリリースをよりよくサポートするためにパイプライン構成をアップグレードしています。

木曜日の記者会見で、NASAの探査システム開発ミッション部門の副局長であるJim Freeは、チェックバルブを検査したときにチームが正しくシールされない小さなゴム片を発見したと述べた。

バルブには問題が見つからず、エンジニアはゴムが最初はバルブの一部ではなかったので、ゴムの出所を調べているとFreeは言いました。 チームはまた、水素漏れの潜在的な原因を絞り込んだ。

ロケットスタックが5月末に発射通りにロールバックされると、ロケットが6月上旬から中旬に発生する可能性がある別のウェットドレスリハーサルを経るまでに12~14日かかると Freeは言いました。

ケネディ宇宙センターで、NASAの探査地上システムプログラムの上級車運営管理者であるCliff Lanhamは、「私たちはロケットを発射台に戻す準備をするために多くの努力を払いました」と述べました。 「VABで止まるのはピットストップです。 再び入るには、私たちがする必要があることを行い、できるだけ早くパッドに戻ります。 だから私たちはその目標を達成するために一生懸命働いています。」

NASAはArtemisムーンロケットが打ち上げを控えて重要なステップを経ます。

Artemisチームは現在、7月26日から8月9日まで、8月23日から8月29日まで、9月2日から9月6日までの夏の後にArtemis Iを月に旅行するための打ち上げ時点を探していますあります。

「私たちはまた、スタートウィンドウを作成するための最良の機会を提供するより円滑な開始回数のために必要な手順を実行するために複数回試行する必要があることを事前に知らせたいと思います」とFreeは言います。

Artemisロケットスタックがウェットドレスのリハーサルを完了すると、建物にロールバックして発射日を待ちます。

ロケットを発射する前に新しいシステムをテストするのは難しいプロセスの後ろに長い歴史があります。

ウェットドレスリハーサルの結果によって、クルーのないアルテミス1世(Artemis I)が月を超えて地球に帰還する任務に着手する時期を決定する予定だ。 この任務は、2025年まで人間を月に戻し、最初の女性と有色人種を月面に着陸させると予想されるNASAのアルテミスプログラムの始まりです。

READ  科学者たちは信じられないほど2500万年前のワシを発見した。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close