理科

NASAは、次のアメリカ人が月に着陸したい場所を明らかにします。

コメント

NASAはまだ宇宙飛行士を月に燃やすロケットを発射しておらず、Artemisプログラムの一環として、月面を探査する乗組員をまだ選択していません。 しかし、それはすでに宇宙飛行士が月に着陸する場所を確認しています。

宇宙局は、金曜日にニール・アームストロングや他のアポロ宇宙飛行士が探索した領域から遠く離れており、永久に影が落ちたクレーターに氷のある月の南極で可能な13の地域を選択したと発表しました。

約50年ぶりに人類で初めて月に着陸 早ければ2025年予定そして1972年のアポロミッションの終わり以来、初めて有人月着陸になるでしょう。 NASAは人間を月面に戻すことを誓った。 これは、バイデンホワイトハウスが受け入れたトランプ政権時代に生まれた大胆な計画です。

苦しみながら 若干の乱れと遅れ、このプログラムはアポロ以後の後続の政権で生き残るための最初の深宇宙、人間探査プログラムです。 しかし、アポロとは異なり、アルテミスは月と月の周りに恒久的な存在を作成するように設計されています。 そして中国も宇宙飛行士を月に送ることを目指しているため、NASAは緊迫感を持って今後進んでいます。

金曜日の説明では、NASAの関係者は2009年以来、月に関する他の研究と一緒に月面をマッピングしてきたロボット宇宙船であるLunar Reconnaissance Orbiterのデータを使用して着陸地点を選択したと述べました。

NASAのArtemisキャンペーン開​​発部門の副局長であるMark Kirasich氏は、声明を通じて「この地域を選択することは、アポロ以来初めて人間を月に送ることにさらに一歩近づいたことを意味します」と語った。 「私たちがそうすれば、宇宙飛行士が以前に人間が探検できなかった暗い地域に冒険を離れ、将来の長期滞在のための土台を設けるため、以前に来たどんな任務とも異なるでしょう。」

NASAはすでに 月の南極に戻る。 しかし、NASAは南極の緯度6度クラスターの特定の場所を選択したと述べた。 なぜなら、彼らが南極の一部としてそこでムーンウォークを実行できるように、永久に影がある地域に十分近い安全な着陸地点を提供するからです。 月に6.5日滞在。

NASAは、宇宙飛行士がサンプルを収集し、無傷の地域で科学的分析を実行できるようにすることで、月の南極で識別された氷の深さ、分布、構成に関する重要な情報を得ることができると述べました。

水は人間の生命を維持するために重要ですが、水の成分である水素と酸素もロケット推進剤として使用できるからです。

アポロ任務は、一度に最大2週間、日光が長く伸びている月の赤道地域に行った。 対照的に、南極は光が数日しかない可能性があるため、ミッションがより難しくなり、NASAが発射できる時間が制限されます。

アルテミスの月科学責任者であるサラ・ノーブルは、「アポロ基地から離れている」と述べた。 「今、私たちは全く別の場所に行っています。」

この発表は、NASAがアルテミスミッションの最初の準備をしていることから来ました。 8月29日予定。 Artemis Iとして知られるこの飛行は、42日のミッションのために宇宙船に宇宙飛行士なしでOrionの乗組員カプセルを送るNASAの巨大な宇宙発射システムロケットの最初の発射を意味します。

今週初め、宇宙局はロケットと宇宙船を ケネディ宇宙センターのパッド39B フロリダでは午前8時33分に開かれる2時間の打ち上げ期間中、すべてが順調に進んでいると管理者は語っています。 NASAは、遅れた場合、バックアップの発射日を9月2日と5日に予約しました。

NASAのArtemisミッションマネージャーであるMike Sarafinは、飛行の主な目標の1つは、Orionの熱保護フィルムをテストすることだと述べました。 ヒートシンクは、オリオンと将来の乗組員を時速24,500マイル(マッハ32)で地球大気圏に入るときに遭遇する極端な温度から保護するためのものです。

この任務は、4人の宇宙飛行士とともに2024年初めに月軌道を回るが着陸しない飛行が続くでしょう。 1972年のアポロミッションの最後以降、最初の人間着陸は現在暫定的に2025年に予定されています。

その使命は、開発を含むいくつかの要因によって異なります。 SpaceXのスターシップロケット そして月軌道でオリオンとランデブーした次月の表面を行き来する宇宙飛行士を燃やす宇宙船。

NASAのチーフ探査科学者であるJacob Bleacherは、金曜日の記者たちに、「私たちは最大の丘の頂上を通り過ぎるジェットコースターに乗るような気がします」と述べました。 「皆さん、バックルを満たしてください。 私たちは月に行きます。」

READ  NASAのPerseveranceローバーは、火星の滅びた「ジャガイモ」月の日食を観察します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close