理科

NASAは「月太陽が当たる部分に水を確認した」と発表し – GIGAZINE


ロブページテンギル

NASAが運用する飛行天文台 “成層圏赤外線天文台(SOFIA)」が月の太陽が当たる部分に水の分子が存在していることを初めて確認した。

太陽の光月で発見された分子数、ソフィア| 自然天文学
https://www.nature.com/articles/s41550-020-01222-x

NASAのSOFIA、月の太陽に照らされた表面で水を発見| NASA
https://www.nasa.gov/press-release/nasa-s-sofia-discovers-water-on-sunlit-surface-of-moon/

月の水:NASA、近所の人の澄んだ表面で水の分子を確認:NPR
https://www.npr.org/2020/10/26/927869069/water-on-the-moon-nasa-confirms-water-molecules-on-our-neighbors-sunny-surface

科学者たちは月の最初の透明な水の検出を報告した。
https://www.sciencealert.com/we-have-the-first-unambiguous-detection-of-water-on-the-moon

NASAは、高度45,000フィート(約13.7km)の成層圏を飛行しながら、直径106インチ(約2.7メートル)の望遠鏡で月を観測する飛行天文台「SOFIA」赤外線カメラを使用して月南半球側(地球から見える側)にあるクラビウスクレーター水の分子特有の波長を検出した。 今までの無人探査機「エルクロス“によって月のクレーターから光が届かない部分に氷が存在することが確認されてきたが、「太陽が当たる部分」からの水の存在を確認したのは初めてです。


NASAによると、検出された水は、月の土壌1立方メートル当たり350ミリリットル程度の総量は、サハラ砂漠全体に存在する水の100分の1程度。 大きな心がない月は太陽が当たると、水は蒸発し、宇宙失ってしまうので、今回発見された「太陽の当たる部分の水」は、どのようなメカニズムが働いていると思われますが、NASAは「現段階では、原因不明」で水は「隕石の衝突によって生じた粘土天然ガラスのような鉱物に閉じ込められている」とし「土粒子間に挟まれている」は、可能性を言及にとどまっています。

生活に重要な要素である「水」は、宇宙空間で貴重であるため、多くの惑星探査プロジェクトでの生活の痕跡の一つとして、水の存在が調査されています。 NASAの有人探査ミッション運用本部のチーフサイエンティストであるジェイコブブリー先氏は、「水は科学的な目的のためにも月探査が使用するためにも貴重な資源です。月に存在する水を使用することができれば、地球から搬入水の量を減らし、 、新たな科学的発見を可能にする調査機器をより搬入が可能です」とコメントしています。

NASAは2022年旧暦物の位置を測定する無人探査機「毒蛇のような人」を立ち上げ、2024年までに人類を再び月に送る「アルテミス計画」を実行する予定です。

人類を再び月に送る「アルテミス計画」の内容をNASAが映画解説 – GIGAZINE


この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
NASAが月再訪ミッションに参加している機関・企業のためのガイドライン」アルテミス協定」草案 – GIGAZINE

NASAは「月のクレーターを巨大な電波望遠鏡に変える」プロジェクトを発表 – GIGAZINE

Nokiaが月に4Gネットワ​​ークを投入する計画をNASAとの契約 – GIGAZINE

NASAはハッブル宇宙望遠鏡で撮影した最新の土星の写真を公開土星の季節の変化を確認可能 – GIGAZINE

18億ピクセルという史上最大にして最高の解像度の写真をNASAが公開ズーム火星を細部まで見ることができ – GIGAZINE

READ  世界初の接種で、ロシア、中国、新型コロナウイルスの懸念| AnswersNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close