理科

NASA探査機、小惑星ベンヌサンプル採取に| ナショナルジオグラフィック日本版サイト

地球近傍小惑星ベンヌの平均直径は約500メートル。 また、知られている小惑星で、今後150年以内に地球に衝突する確率が最も高いことが知られている。 2018年末からベン押す周回して詳細な調査を実施しているプローブオシリスレックスは小惑星の秘密を次々と明かしている。 (PHOTOGRAPHY BY NASA / GODDARD / UNIVERSITY OF ARIZONA)

地球近傍小惑星「ベンヌ」は遠くから見ると、宇宙空間に浮かんでいる、直径500メートルほど回転するコマのようにしか見えない。 しかし、10月20日にベンヌ表面のサンプル採取を予定しているNASAの小惑星探査機「オシリスレックス」のおかげで、科学者たちは、その表面をクローズアップで見ることができるようになっている。この新しい観測結果は、ベンヌの地形とその起源は科学者が想像していたよりも豊富で、複雑であることを示している。

オシリスレックスプロジェクトチームは、最近の科学雑誌「サイエンス」と「サイエンスアドバンシーズ」に発表した6つの論文で2018年に探査機がベン蚕到着してから、今まで収集した新しい高解像度の地図データを紹介しています。 これらのデータを考慮して探査機が、今まで回っての中で最も小さい天体であるベンヌに関する新たな内容が見える。 (参考記事:「NASA​​探査機、小惑星ベン蚕往復7年の旅」

望遠鏡を用いた観測では、小惑星の地図を描くことができますが、詳細な地形まで分からない。 一方、地球に落ちた隕石は、科学者が直接照射することで、極めて小さな規模の詳細なデータを得ることができますが、明らかに情報には限界がある。 「今回の測定では、これらの二つの規模の観​​測を組み合わせることにより、他の方法では、見られなかった内容を示しています」と、米国ジョンズ・ホプキンス大学応用物理学研究所の惑星科学者であるアンディ・リーブキン氏は言う。 氏はベンヌ調査に参加していなかった。

NASAがベンヌ表面からサンプルを採取するために2016年にオシリスレックスを発する上げ小惑星が生命の起源についての手がかりを握っている可能性があるからである。 ベンヌウン地球上の生命の必須成分である炭素を含む有機分子と水の存在下で変化した鉱物を含んでいることが知られている。 研究者は、地球上の水と有機分子の少なくとも一部は、小惑星に由来していると考えており、ベンヌよう天体が生活に必要な化学物質を地球にもたらしたかもしれないと推測している。

ベンヌウル調査するもう一つの理由は、この小惑星が地球の安全保障の脅威となっているからである。 ベンヌの軌道は地球の軌道と交差しており、2100年代後半には約2700分の1の確率で地球と衝突する可能性があるため、慎重な研究が必要である。

ギャラリー:NASA探査機、小惑星ベンヌサンプル採取に写真5点(画像クリックでギャラリーページ)

赤外分光法を用いて作成されたベンヌの全体マップは、有機分子と炭酸塩鉱物などの炭素含有物質が豊富に含まれて領域が赤で強調されている。 いくつかの岩に見える筋肉は太陽系が誕生したばかりの頃にベンヌ母天体に対応する小惑星の表面から水が流れていたことを示唆している。 (MAP BY SIMON ET AL。、SCIENCE(2020))

水の痕跡

ベンヌウル構成する岩石のほとんどは、太陽系の黎明期に生じたものだが、ベンヌ自体はずっと後動乱の中で生まれた。 研究者は、約10億年前に小惑星帯で大規模な衝突が起きて直径約100キロの天体が破壊され、その破片からベンヌウル含むより小さな小惑星集団が形成されたと考えられる。

ベンヌ母天体がまだ若いに土壌に水を液体状態に保つ程度の熱があった。 この水が小惑星の内部を流れるとき、そこに炭酸塩鉱物がゆっくり落ち着いていった。 母天体が破壊されベンヌできても、このような原始的な鉱脈の一部はそのまま残り、彼らは現在のベンヌ表面に散在している岩石の中の筋肉に見ることができる。

これまでに発見された炭酸塩鉱脈の中で最も大きいのは、長さが約1メートルもある。 この鉱脈の幅と長さはベンヌ母天体は何百万年ではないが、数千年程度はかなり熱水活動があったことを示唆している。

次のページ:地表面の岩石が飛び出してくる奇妙な現象

おすすめ書籍

おすすめ書籍

READ  本当に優秀な人は「考える力」よりも「見る力」の違いを出している|感覚を磨く|ダイヤモンドオンライン

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close