エンターテインメント

Nats救援者、元VMIの優れたリード・ガレットが日本から家に帰る道を見つけました。 大学

JOHN O’CONNORリッチモンドタイムズ – ディスパッチ

ワシントン・ナショナルズの救援投手リード・ガレットは、木曜日の休業日を彼の妻と二人の子供たちと共にポワタンの家で過ごした。

VMIに通っていたMills Godwin Highの卒業生は、その場に登るために多くを犠牲にしました。

29歳のGarrettは、家族から離れて日本で過去2シーズンを投げ、最新のMLBの位置を獲得しました。

マイナーリーグで5年を過ごした右腕投手は2019年デトロイトタイガース所属で13試合に出場し、15イニングの間15失点を許した。

Garrettは「私は私が知っているものとは異なる投手をしようとしました」と言いました。

Garrettはリセットを見つけて東アジアに去った。 彼は2020年と2021年に日本埼玉西武ライオンズのメンバーとしてそれを見つけました。

2020年、アメリカのマイナーリーグはファンデミックのために運営されていませんでしたが、Garrettはその年のSeibuの120試合のうち49試合で平均自責点3.10を記録しました。 彼は2021年ライオンズに戻り、61試合に出場し、平均自策店3.77を記録した。

人々も読んで…

2014年ドラフト16ラウンドに選抜された6フィート2インチ、196ポンドのガレットは「本当に水準の高い野球選手を相手に多くの繰り返し数と多くの機会を得ることができた」と話した。 VMIから3年ぶりにテキサスレンジャーズに入団しました。

家族がいなくてグローバルな健康危機の状況で見知らぬ環境で生きていきながら、「多くの逆境を乗り越えて克服する方法を学ぶことができました。 それは私のキャリアにとって重要でした」とGarrettは言いました。

さらに、Garrettは、何百人ものアメリカのプロ選手が1年以上野球活動をしていないときに家族を扶養することができました。

「私はそこに行く機会に感謝し、幸運でした。 [U.S.] 今年」とGarrettは言った。

彼は西武球団のコーチからスプリットフィンガーファーストボール(落ちるかもしれないオフスピードピッチ)を投げる方法を学び、「それは私にとって非常に有益でした」とGarrettは言いました。 「他者に相手できる別の武器を与えただけです。」

Garrettはジェームズ・マディソン大学の水泳選手だった元Mary Gargulaと結婚しました。 これらの夫婦には2歳半の息子と3ヶ月の娘がいる。 Garrettは息子が生まれた直後に日本に出発した。

Garrettは日本で楽しい時間を過ごしたと言ったが、彼の家族の状況は彼がMLBに別の機会を見つけることに影響を与えたと言った。 彼はオフシーズン中にワシントンと契約した。

Garrettはナショナルシステムの人事監督やコーチに慣れていませんでしたが、Powhatanに住み、ワシントンでホームゲームをするという利点を認識しました。 もし 彼はビッグリーグに戻ることができた。

6月14日、GarrettがトリプルAロチェスターでワシントンに昇格し、22試合(4勝3敗、27イニング4.00防御率、25三振)で頭角を現しました。

ナショナルズに参加した後、Garrettは3試合(5イニング)に参加しました。

Garrettは、今シーズンのメジャーレベルで競争する2番目の元Keydets投手です。 ウワン投手ジョシュ・ウィンダー(25)は、2018年のドラフト第7ラウンドで彼を指名したミネソタ・ツインズでほとんどのシーズンを過ごした。

GarrettはVMIで3シーズンで3.29の防御率を記録しました(23の出発、56の出場)。 彼は2014年のジュニア時代にラファイエットを相手に1ボルネット13サムジンと共にノヒーターを投げたとき、2.23の防御率とともに2番目のチームオールビッグサウスカンファレンスに指名されました。

[email protected]

(804) 649-6233

@RTDjohnoconnor

READ  「Fallout」×noblechairsコラボのゲーマー向けの椅子は、今日発売。 Vault Boyがにっこり微笑む「Vault-Tec Edition "

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close