スポーツ

NCAA今年の女性会議候補としてライオンズ選定

ノルマンイン — オクラホマ大学ソフトボールシニア グレースライオンズ Big 12 Conferenceの2022 NCAA今年の女性候補の一人に選ばれました。 NCAAは今週151人の会議候補を発表しました。

Big 12の候補者としてLyonsに加わったのは、Kansas Stateの女子バスケットボールの学生選手Ayoka Leeです。

Normanで過ごした4年間、Lyonsはオクラホマのスタジアムの内外で頭角を表し、ソフトボールプログラムの優れた代表者でした。

2022年、NFCAファーストチームオールアメリカンであり、USA Softball Collegiate Player of the Yearのトップ10決勝進出者であるLyonsは、スナスで一年を過ごしました。 アリゾナ州ピオリアの製品は今シーズンOUの62試合のうち61試合を選抜で出て国内8位にランクインしたシングルシーズン最高ホームラン23個を打った。 彼女は.401の長打率と.864の長打率と70打点を記録し、OUが2年連続国内タイトルを獲得し、番組史上6番目に優勝するのに役立ちました。 最近、アメリカのソフトボール女子代表チームリストに追加されたライオンズは来月、日本のオールスターシリーズで3人の同僚と競争する予定です。

講義室では、LyonsはCoSIDA Academic All-American 2回、Big 12 All-Academic First Team 3回に選ばれました。 彼女は2022年5月に生医学工学の学位で卒業し、3.88 GPAで学部を修了しました。 ビッグ12で最高の学術的名誉Dr. Gerald Lage Academic Achievement Awardを受賞したLyonsは、2023年に追加資格でMBAを取得する予定です。

より純魚遊撃水は、FCA(キリスト教運動選手連盟)キャンパス支部を率いて地域学校や病院のボランティアを助けながら地域社会で活発に活動しており、最近は今夏オクラホマシティにあるBethany子ども健康センターでボランティアをしてあります。 ライオンズはまた、2021年現在、大学運動選手のための信仰ベースのサマーキャンプである選手会議を設立しました。

今年の女性選定委員会は各部門で10人の候補者を選定し、10月に発表される全国上位30人の受賞者を構成します。 その後、選抜委員会は各部門で3人の決勝進出者にプールを絞り込みます。 NCAA女性陸上委員会は、9人の結線進出者の中から2022年の今年の女性を選定します。

1月、サンアントニオで開かれるNCAAコンベンションで全国上位30人の受賞者が発表され、NCAA今年の女性が発表されます。

NCAA今年の女性プログラムはTitle IXに根ざしており、1991年に初めて始まって以来、学業、運動の試合、地域社会の奉仕、リーダーシップの分野で優秀性を認められ、卒業した女性大学の運動選手を認めてきました。


オクラホマソフトボールのアップデートと追加情報はTwitterとInstagram@OU_ソフトボール)など オクラホマソフトボール Facebookで。

READ  日本、感染の鈍化にCOVID-19制限を完全に解除

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close