エンターテインメント

NetEaseが日本でゲームスタジオを開設するためにセガベテランを雇う

2021年7月30日に上海で開催されたChina JoyカンファレンスのNetEase Gamesブース。

アルジュンカルパル CNBC

中国のインターネット大企業 NetEaseが海外に拡大し続けるにつれて、日本に別のゲームスタジオを開設しました。

杭州に本社を置く同社は、日本のゲーム開発者であるセガで働いていた東弘名護を日本東京で新たな名護スタジオを運営するために雇用しました。

スタジオは「世界的に発売される高品質コンソールタイトルの開発に集中するだろう」と話した。

NetEaseは、競合他社のTencentよりも国際的な拡大にあまり積極的ではありません。 後者は、小規模ゲーム会社への買収と投資を通じて、グローバル進出を模索した。 一方、NetEaseはスタジオを設立し、他社から若干の株式を取得しています。

TencentとNetEaseは、伝統的に中国でのプレイに非常に人気のあるプラットフォームであるPCおよびモバイルゲームに焦点を当てていました。 Nagoshi Studioがコンソールタイトルに集中しているという事実は、NetEaseがコンソールゲームが人気のある中国以外の視聴者にアピールする努力を強調しています。

市場調査機関であるNewzooによると、コンソールゲームは昨年1,803億ドル規模のグローバルゲーム市場の売上のほぼ28%を占めた。 しかし、2014年まで約14年間コンソールが禁止されていた中国では、市場ははるかに小さいです。

これが、NetEaseやTencentなどの中国のゲーム会社が国際市場進出の一環としてコンソールゲームに集中している理由です。

2020年、NetEaseはコンソールゲームに焦点を当てた日本のもう一つのゲームベンチャーであるSakura Studioをオープンしました。

昨年、CNBCとのインタビューで、NetEaseの副社長であり、技術大企業のビデオゲーム事業の最高経営責任者の一人であるHu Zhipengは、コンソール市場を「非常に魅力的」と語った。

彼はまた、今後のゲーム収益の50%を現在の約10%で海外で創出することが目標だと述べた。

READ  Reitz卒業生であるMikaela Jenkinsが東京パラリンピックに参加しています。

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close