エンターテインメント

Netflix、日本テレビで日本映画30選を選ぶ – The Hollywood Reporter

日本の放送局日本テレビは、東京国際映画祭と共に開催されるTIFFCOM著作権市場の初日である月曜日にNetflixと30のシリーズライセンス契約を発表しました。 この取引により、Netflixは日本以外の様々なアジア市場でプログラムのオンライン権利を得ることができます。

日本テレビはパートナーシップが10月に始まり、Netflixはすでに2011年のヒットドラマを含むこの地域で15シリーズをストリーミングしていると述べています。 私はあなたの家政婦のミタです、ブロックバスター日本漫画の放送人の人気シリーズ各色とともに デスノート そして 東京タラレバガールズ。 11月から、次のドラマを含むもう15のNippon TVタイトルがNetflixで生中継されます。 ひらぎさんの部屋殺すターン人生のパンチライン; などのヒットバラエティ番組だけでなく、 クエスト ビンテージコンテスト形式 仮面舞踏会

日本テレビはNetflixの直接的なライバルであるHulu Japanの所有者であるため、権利は日本の現地市場を排除したと推定されています。 日本テレビは2014年にHulu Japan事業を買収し、米国に拠点を置くグローバルHuluブランドのハリウッドスタジオ所有者からコンテンツライセンスを受け続けています。 日本テレビ強国がネットフリックスにコンテンツを販売したのは今回が初めてだ。

日本テレビの国際事業開発責任者であるKeisuke Miyataは、「Netflixがアジア全域の視聴者にコンテンツを提供することを発表することができてとても嬉しく思います」と述べた。 「この地域は私たちの継続的な成長の重要な部分であり、今や世界最高のストリーミングプラットフォームの1つであるNetflixの強みと組み合わせて、Nippon TVのタイトルがこの顕著な新しい分野で視聴者に好評になると確信しています。」

READ  Nintendo Direct:開始時間、視聴方法と予想事項

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close