理科

News Navigator:福島原子力発電所の処理水が海に放出されるのはなぜですか?



2021年2月に福島県大熊市にある東京電力の福島第1原子力発電所からの「凍結土壁」のための配管が見える。 (Mainichi / Daiki Takikawa)

毎日新聞は、読者が、福島第一原子力発電所で処理された水と海に放出される理由について持つことができるいくつかの一般的な質問に答えます。

質問:東京電力(TEPCO)Holdings Inc.が福島第1原発の処理水を海に放流すると聞きました。 本当ですか?

回答:処理量は増え続けており、TEPCOは海底トンネルを建設し、1km沖合いに放出する計画です。 現在の工場敷地の高さ10m以上の鉄製タンクに処理水を保存している。 現在1,016個の貯蔵タンクに水を保存する計画だが、約970個の貯蔵タンクに既に水が保存されており、2023年にボムチュムはすべて満たさと予想されます。

Q:処理数が増加することを防ぐことができますか?

A:残念ながら、そうではない。 東日本大震災などの要因により、地下水と雨水が発電所の地下壁の亀裂を介して、1〜3号機に流入して処理が必要な汚染の数が引き続き発生しています。

事故で溶け出した核燃料を「燃料残骸」という。 原子炉建屋に流入する水は、燃料の残骸を冷却するために水と混合される放射性物質を含む汚染された水になります。 一日に約140m3の水が生成され、これは、700個のドラム缶に対応します。

Q:これに対する対策はありますか?

A:地下水は原子炉建屋の西側の山岳地帯から東の海に向かって流れます。 その結果、建物の山の方から100〜200m離れた12個の井戸と建物の周りの46個の井戸から地下水を引き上げます。

また、建物の周りの地盤にパイプを設置しました。 彼らは継続的にマイナス30度の液体を満たし周辺の水や土壌を凍らせて、水が建物に流れ込むのを防止する「凍土壁」を作成します。 壁を維持するために年間約10億円(約870万ドル)がかかります。 これらの措置は、2020年に作成された汚染された水が、2014年の水準の4分の1をわずかに超えるレベルに減少したことを意味します。

Q:それでも0に到達しませないでしょう?

A:TEPCOは2025年までに汚染された水の量を一日100m3以下に削減するが、0に到達する方法はありません。 同社は、継続して状況に対処されます。

(日本原文:吉田拓也、科学環境ニュース部)

READ  中国の研究者は、ロケットに「アルマゲドン」小惑星をそらすすることを示唆している

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close