エンターテインメント

News Navigator: なぜ福島県は幻想的な果物の評判があるのですか?



2021年7月20日、福島県日本農協支店職員が赤月桃の品種を推進しています。 (Mainichi/Naohiro Koenuma)

毎日新聞は、読者が自分で「果物王国」と呼ぶ福島県の果物生産について持つことができるいくつかの一般的な質問に答えます。

質問:秋は日本で果物の味が最高の時です。 福島県で開催された東京オリンピックの野球やソフトボール選手たちは自分に提供される地元桃を高く評価し、県は自らを「フルーツ王国」と呼びます。 そこの果物の生産はどうですか?

回答:福島県は、桜、桃、アジア梨、リンゴなどの農産物が生産される日本の主要果物生産地の一つです。 福島市をはじめとする県北部では、特に果物栽培が活発で、6月から12月まで果物を楽しめます。

Q:2011年福島第1原子力発電所事故以来、農民たちは困難を経験しましたか?

A:評判の損害が残り、穀物の価格が事故以前のレベルに戻っていません。 しかし、放射性物質の厳格な検査が行われ、事故直後でも、現在の果物の放射能レベルは国家基準を超えません。

Q:福島県の名産桃の特徴は何ですか?

A:オリンピック選手に与えられた桃は、福島県のシグネチャー品種である赤月に県が完成したものです。 果物の果肉は硬いが、優れた甘さがあります。 育てるときに袋に包まなくてもいいので、日差しをすると糖度が高くなります。 桃はもともと政府によって開発されましたが、桃のサイズが小さく、一般的に栽培されていません。 福島の農業実験場や農家は、より大きな果物の栽培に成功し、品種が登録されました。

Q:気候も果物を栽培するのに重要ではありませんか?

A:福島市周辺地域は、日本北東部の冬の寒さと盆地地域特有の厳しい夏の暑さの両方を体験しています。 収穫直前の高温と日光、そして芽を目覚めさせるために必要な冬の寒さは桃を甘くします。 日本中部に位置する山梨県と長野県は、それぞれ日本最大の桃生産量と3番目に多くの桃を生産しています。

Q. 福島県は1位ではないですか?

A:県は2020年に22,800トンの桃を生産し、日本で20%以上のシェアを持っていますが、2番目に大きい生産国です。 県の多くの農家は様々な種類の果物を栽培しています。 生産量の面では最高ではありませんが、様々な果物を楽しめます。 2位は何どうですか?

(Japanese original by Ryusuke Takahashi, Fukushima Bureau)

READ  ""桜坂46 '秘密の悩み "石森虹花"ホストの愛」秋元康「解散勧告」と2期生の「反逆」|文春オンライン

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close