エンターテインメント

News Navigator: 米軍基地が沖縄経済に役立つというのは本当ですか?





2001年7月1日沖縄県北谷町アメリカンビレッジ商業地区。 (毎日)

毎日新聞は、読者が沖縄県経済に米軍基地が与える影響について持つことができるいくつかの一般的な質問に答えます。

質問:沖縄県には米軍基地だった観光地や新都市がたくさんありますか?

答え:はい、あります。 本島中部北谷町アメリカンビレッジ商業地区と県庁所在地那覇新東新地区がその例です。

アメリカンビレッジはアメリカ西部の海岸をモデルとしてホテル、映画館、ショッピングセンター、レストランなどの付帯施設で構成され、近くにビーチもあります。 若者や観光客に人気の場所です。 過去この地域はハンビ飛行場をはじめとする米軍施設や射撃場があった場所です。 1980年代以降は土地が日本に返還され、これをはじめとする干拓地が開発され、今日の商業地区となりました。

新都心地区は那覇北部に位置し、商業施設、大型免税店、沖縄県立博物館、美術館があります。 この部分はかつて米軍の住宅地でしたが、1987年に日本に返還されて開発されました。





高層ビル、大型免税店、ホテル、アパートが並ぶ那覇新都心地区が2012年1月18日に撮影されたこの写真でご覧いただけます。 (Mainichi / Takeshi Noda)

また、本島中部北中区村の米軍ゴルフ場として使用された土地を返還され、2015年に県最大規模のショッピングセンターであるイオンモール沖縄ライカム(Aeon Mall Okinawa Rycom)をオープンしました。 既存拠点をゴルフ場やリゾートホテルに置き換えたところもある。

Q:わかりました。 どんな経済的利益がありましたか?

A:2015年沖縄県庁で発表した調査結果によると、米軍時代年間3億円(現在価値で約200万ドル)に達するアメリカンビレッジを含む地域の経済的利益108倍増加した336億円(約2億3,300万ドル) )の収益を上げました。 この地域で雇われた人々の首都は0人から3,368人に増加しました。

新都心地区では経済的恩恵が32倍、雇用が93倍増えた。 現政府は「米軍基地を再編成・縮小し、返還された敷地の活用度を高めると、県経済に肯定的な影響を及ぼすだろう」と話した。

Q: 米軍基地があれば収入ができますか?





1972年5月14日、毎日新聞ヘリコプターで撮影したこの写真は、今の那覇新都心地区となった米軍住宅地域です。 (毎日)

A:都道府県住民の全体所得で占める割合として「基本所得割合」という指標があります。 基地関連所得には、基地として使用される土地の所有者に支払う賃料と、米軍で働く人々の所得が含まれる。

1972年に沖縄が日本に返還された時、県の総収入は5,013億円(約34億8,000万ドル)で、そのうち基礎関連収入が15.5%を占めました。 しかし、その割合は沖縄経済の成長とともに減少し、1990年以降約5%を占めています。 2017年までに現総所得は4兆6700億円(約320億ドル)に増加し、基本関連所得の割合は6%。

一部では、沖縄の経済が基地なしでは追いつくことができないと指摘したが、県は基地関連の収入が経済に与える影響が制限的だと明らかにした。

(九州ニュース部山口慶子の日本語オリジナル)

READ  伝染病で逃した作品を上映する映画祭

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close