entertainment

News Upデザインを発表で反響広がる〜エキスポのロゴにつながると考えとは| NHKニュース

2025年に開催される「大阪関西エキスポ」公式ロゴマークが決定しました。いくつかのデザインかというと…インターネットなどで長所と短所大きな話題になっています。「気持ち悪い」「かわいい」「えにそっくり “…あなたはどのようにと思いますか?
ロゴが示すものと、それが生まれた背景を探ると、半世紀前の博覧会での接続の情熱に到着しました。
(大阪放送局の記者甲木友和/ネットワーク報道部記者成田大輔おお理恵)

分割賛否

これは、ロゴです。

赤い球体が輪のように繋がって、様々な方向の目青い柄が5つあしらわされています。

8月25日に発表されるやいなや、その奇抜でインターネットに議論が沸き起こりました。

「なぜこんなに選んだよ…」
「気持ち悪い生理的に許容されません “
「普通のかわいいと思うんだけどな」

ロゴの決定を知らせる経済産業省ツイートは発表翌日までリツイートが60,000に達し、4000コメントがつきました。

商品やキャラクターも

その後もインターネットでは、この話題で盛り上がっています。 ドーナツチェーン店の商品に似ているか民放の子供のための専用のプログラムに登場する毛キャラクター(赤側)を記憶したり、スナックのパッケージと似ているとしたとの指摘も。

メーカーも反応した。

「なぜ???ました~~~~いっぱい人が私の話を与えており、理由を離れて非常に喜んで〜すべてありがとう〜」

「東ハト」の担当者
「事実、8月24日にキャラメルシロップの量を増やすなどの製品をリニューアルしたばかりで、それに話題になったのかと思いきや、全く違っていたしました。万博のロゴが似ていると話題に驚いています。製品のキャラクターも大きな口を開けて驚いたようだ」

硬いイメージの自治体のシンボルにも影響を与えます。

1964年に制定された埼玉県の県章に似ているという声があります。

この県章県名の由来でもある古代の装飾「勾玉」を16個並べ、「太陽」「発展」「情熱」「力」を表しているとします。

埼玉県の担当者
「現場のロゴマークと比較されるとは思わなかったものでした。実際に今、来年埼玉県誕生150周年のロゴマークを募集しているので、この雰囲気に便乗しての応募が増加するとうれしいです」

手に挑戦する人も

また、「作ってみた」という人も現れた。

東京江戸川区でパン屋を営む松永健太氏はロゴをイメージしたパンを作ってTwitterに上げました。

エキスポが開かれるのは知らなかったが、ロゴが大きな話題になっていたので、残っていた食パンの生地を使用して速やかに焼いてたそうです。

焼き加減の形態を出し、目のような部分にチョコレート。 仕事の合間に1時間程度行われたことです。

松健太さん
「ロゴを見たときに、この型であれば、パンにすることができると思いました。デザインが無難でない感じがいいと思います。遊びで作っただけなので、販売する予定はないが、反響が大きくて驚いています」

なぜ選ばれた?

このロゴどのように選定されたのでしょうか?

エキスポの実施主体となる博覧会協会が全国で応募があった5894作品から選ばれました。

審査員は、
▼座長を務めた建築家安藤忠雄氏、
▼エキスポのプロデューサーを務める映画監督河瀬直美さん、
▼「ジョジョの奇妙な冒険」の著者で漫画家荒木飛呂彦さん、
▼元サッカー女子日本代表の澤穂希さんなど11人です。

8月3日に最終候補5作品が発表された後、一般の人たちからの意見を募集した後に決定された。

全審査過程は明らかではないが、大阪のような独特の相場存在感のあるうえ、今後のキャラクターを考えるときなどに可能性が感じられる点も評価されたものです。

安藤忠雄氏
“ロゴは、違和感もあるが、そこには良いと感じている。エキスポに限らず、これまでのロゴは、左右対称に安定していた。このマークは変化し、それが何よりもエネルギーになると思った。予定調和ではなく、新しい時代を開いて違う。このロゴに決定し、良いスタートが切れたことではないか」

著者の考え

このロゴに込められた意味は…

手がけたのは、大阪浪速区の設計事務所のメンバー6人で作るグループです。

事務所の代表を務めているアートディレクターの島田裕二さん。 受賞記者会見で涙を浮かべてこう言った。

島田裕二さん
「本当に驚いたです。このマークが万博の顔になるとは思っていなかったので、最も嬉しい “

今回エキスポのテーマである「生命輝く未来社会のデザイン」に基づいて、生命の光を表現したします。

島田氏によると、キーワードは「細胞」10赤い球は、細胞を表現したもので、雪のように見える部分は、「核」は何と言います。 細胞が弾力のように環状に並んでアルファベット大阪の頭文字「O」と読むことができます。

設計するときに大きな影響を受けたのは、半世紀前の1970年に行われた大阪万博のシンボル「太陽の塔」と、それを扱った芸術家と岡本太郎さんです。

大阪生まれ、大阪生まれの島田氏はこう言う。

島田裕二さん
「子供の頃見た太陽の塔が衝撃的で、岡本太郎氏のようなパンチ、独創的なものを作り続けてたいと思っていた」

今でも1年に2回は、太陽の塔を訪問し、オフィスのデスクの上にも、太陽の塔の模型を置いているとします。

年齢は異なりますが、岡本太郎さんと誕生日も同じこと。

島田裕二さん
「普通ならまず選ばないデザインであり、正直、ここまで典型的に残るだろうとは思っていません。エキスポなければ出さないのロゴです。自分にかわいい存在であり、このようなロゴが通過エキスポてほしいと思いました。」

「太陽の塔」にも賛否が

「太陽の塔」。 事実、この作品も世に出たとき、さまざまな意見や批判がありました。

「芸術は爆発だ!」という言葉で知られている岡本太郎氏は、生前、NHKの番組でこのような話をしました。

高岡本太郎さんのインタビューより
「美術家の間で「国のお金と広場を使用して、なぜ、あまりにも岡本太郎的なものを作ること」との批判も出てきた、「何を言っている個性的なもののほうが普遍性を持っているようだ」とやり返した “

当時万博のテーマは「人類の進歩と調和」岡本氏は「調和とぶつかり合うだろう」と一歩も引かなかったと言います。

高岡本太郎さんのインタビューより
「相手に仕様を越えても仕様して抑制合うのではなく、お互いにぶつかるのが良い。だから、あんな素っ頓狂なことをした。憎んでも良い嫌わよい。皆に不満があるが、その場合ので、良いと平気作ったんです」

太陽の塔は、当初エキスポが終わったら撤去される予定だったが、多くの人々に受け入れられ、一昨年から始まった内部公開は、多くの人々が訪れています。

批判を受けた例のほか、

登場とともに批判を受けているが後に広く受け入れられるようにされた事例は他にもあります。

奈良県のマスコットキャラクター「せんとくん」、2010年に開かれた「平城遷都1300年祭」のマスコットキャラクターとして誕生しました。

童子の頭に角を育てた様子について、当初「愛嬌がある」とし「国らしくいい」と好意的に受け入れ声がある一方で、「気分が悪い」「嫌悪感を感じる」という厳しい意見も多くあり、自発的な人々この他のキャラクターを登場させる事態もあります。

しかし、せんとくんはそのままの姿でマスコットを務めた後、「県職員」も就任、観光振興などの活動を続けてきました。

「1300年祭」で10年、地域住民と観光客に広く愛され、国の記念品にもイラストが多く使われています。

奈良県によると、せんとくんに送る年賀状や暑中見舞いは、全国で受付された今年の年賀状は650通到着したします。

ちなみにしかし、この原稿を担当しているニュースデスク(国勤務経験者)もせんとくんのキーホルダーを二愛用しています。

せんとくんの父親は

揺れることなく歩んできたせんとくん。

生みの親である東京芸術大学学長で彫刻家籔内左斗司さんに取材しました。

千徳を発表した当初籔内氏のホームページには、応援と批判を合わせて約950通のメッセージを受けて、籔内氏は、すべての返信したします。

当時の考えについて自分のホームページにこのように記録されています。 「せんとくんのデザインに嫌悪感を感じたひとがいたことを否定するつもりもありません。私たちのアーティストは、自分の創作物がうるさいと判断されるのは当然のことだと理解していますが、好き嫌いの個人的な感情を良い悪い社会的問題と倫理的問題にすり替えて間違っ非難をする場合は、作家生命をかけて断固として反論し、「

せんとくんが今も活躍していることについて籔内氏に尋ねると…

籔内左斗司氏
「奈良県が遷都祭り後も何かイベントがあるたびに活躍の機会を提供していたからです。せんとくんが健康で今活躍している彼のキャラクターに決定した決定権の誇りとそんな彼温かく見守ってくれた国の人々のおかげ」

また、エキスポロゴにさまざまな意見が寄せられていることについても聞きました。

籔内左斗司氏
「経緯を詳しく知りませんが、決定権者が適切に対応してデザイナーに不合理な批判と負担がかからないことを願っています」

それぞれの強い意志が込められた作品。 予定調和ではなく、十分な注目をかもしれません。

将来の姿を描こうとは万博の顔で人々にどのようなメッセージを送信するか。 その活躍の目を離すことができません。

READ  買い物買い芸能人・松谷「嘘のない生活を "| Lmaga.jp

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close