スポーツ

Nick Kyrgios は Japan Open で棄権します。 ノバク・ジョコビッチ、アスタナオープン準決勝進出

オーストラリアのニック・キルギオス(Nick Kyrgios)がテイラー・フリッツとの8強戦を控え、膝問題で機権を宣言した。 (ゲッティイメージによるKAZUHIRO NOGI/AFPの写真)

5回シードを受けたニック・キルギオス(Nick Kyrgios)は、日本オープン8強戦で3回シードを受けた米国のテイラー・フリッツ(Taylor Fritz)と試合が金曜日に始まる予定だったが、膝の負傷で大会で棄権した。

Kyrgiosはまた、Tanasi Kokkinakisと共に準決勝に進出したダブルス引き分けから脱落した。

フリッツは金曜日の8強戦で9位のボルナ・コリッチ(Borna Coric)を6-4、6-3で破った7位のデニス・シャポヴァロフ(Denis Shapovalov)を相手に準決勝に進出した。

アスタナオープン

4番シードを受けたノバク・ジョコビッチは金曜日、カザフスタンでカレン・ハチャノフを6-4、6-3で破り、90回目のATP断食タイトルを残して2勝を収めました。

ジョコビッチは激しい1セットをスタイリッシュに仕上げた。

まだセットを出していないが、下車ノフを相手に最も大変な挑戦に直面したジョコビッチは次に金曜日8強戦でロベルト・バウティスタ・アグートを6-1、6-1に破った2位のダニイル・メドベデフと試合を繰り広げます。

3位のステファノス・チチパス(Stefanos Tsitsipas)も、7位のフベルト・フルカツ(Hubert Hurkacz)を7-6、6-3で破って準決勝に進出した。 Tsitsipasは土曜日にAndrey Rublevと対決します。

READ  日本のリーグ、PBAと状況についてKiefer Ravenaママ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close