エンターテインメント

Nintendo Switch、2020年の日本のコンソールとの物理的なゲーム市場を掌握

Nintendo Switchは、世界的に成功した2020年を送ったが、ハイブリッドコンソールは、他の地域の販売を恥ずかしくする方法で日本市場を完全に掌握しました。

日本のゲーム出版物によると、1年を通して任天堂は合計685万台のスイッチを販売し、日本全体のコンソール販売の86.9%を占めました。 Famitsu。 一般スイッチモデルは390万台を販売しており、Switch Liteも200万台を超えました。 全体的にこれは2019年のコンソール販売比約30%増加したことです。

二番目に多く販売された製品は、PlayStation 4に543,000台であり、PS5は約255,000台の半分に過ぎました。 マイクロソフトのXボックスシリーズXとシリーズSは31,424台しか売っていなかったが、これ任天堂の3DSの2倍に増えた62,761台だった。

任天堂は日本でも物理学のゲーム市場を掌握した。 単一の非スイッチタイトル、Square Enix ファイナルファンタジーVII:リメイク、2020年のトップ10位以内に聞きました。

Animal Crossing:New Horizo​​ns 簡単に、最も多く売れるゲームでした。 9月30日現在2,640万台を記録した総630万台以上が日本実物販売で出てきた。 リンピトアドベンチャー 160万台未満で2位を占め、Konamiの列車ベースのデジタルボードゲーム Momotaro Dentetsu:Showa Heisei Reiwa mo Teiban! 100万台、120万台を記録した最後のゲームです。

Famitsuによると、日本のゲーム産業全体は、2020年に12.5%成長し、約35億ドルの売上高を上げました。

READ  ヒロシが言うロットワイラー "ジムニー'30年落ちもケタ違いの走破性| Smart FLASH /スマフラー[光文社週刊誌]

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close