技術

Nippon Steel、無炭素の未来のための生産能力の20%削減

日本製鉄は長い供給過剰と環境的圧迫に直面しており、新たな5カ年計画に基づいて生産能力を20%まで減らすことが会社は金曜日発表した。

日本の鉄鋼生産能力を減らすことによって、より多くのリソースを確保し、事業を成長させ、変化する業界での将来を計画して緑の技術を開発することを希望します。

橋本エイジ会長は、仮想の記者会見で、「私たちはすぐに変わることができない場合は、すべてのことが問題になる」と述べた。

これは2020年2月に瀬戸内工場グレイ地域が閉鎖され、日本製鉄が発表したその他の合理化措置が発表されて1年ぶりに出てきたことです。 現在同社は、2024年末までに、東日本の工場の炉を閉鎖することから、より詳細な削減を計画しています。 計画より1年早い2021年度上半期にKansai Worksの別の炉を閉鎖します。

全体的にNippon Steelは日本で稼動している高炉を14個から10個に減らし粗鋼生産能力を20%削減します。

閉鎖と効率を高めるためのデジタル駆動の努力とNippon Steelは、2025会計年度までの契約業者を含む人材を10,000または20%以上削減することを目標とします。 Nippon Steelは変化の一環として、早期退職を提供しないことです。 代わりに影響を受ける労働者を他の作業に移行します。 スタッフの個々の契約者と議論します。

Nippon Steelの動きは、二つの主要な要因、すなわち、日本の事業所で数年間の業績不振と炭素排出を抑制しなければなら圧力の増加によって駆動されます。

Nippon Steelは前年4,315億円の損失を記録した今月終了会計年度に1,200億円(11億1000万ドル)のグループ純損失を記録すると予想されます。

2019年の税引前利益は、トン当たり$ 14.70で、欧州のライバルであるArcelorMittalの$ 13.40より高かったが、韓国のPoscoが作成された$ 75.30またはChina Baowu Steel Groupの$ 25.50よりもはるかに低かった。

国内の逆風に加え、日本鉄鋼も安い中国産鉄鋼の過剰に打撃を受けた。 中国粗鋼生産量は5年間で30%増加した2020年10億5千万トンで、全世界の生産量の半分以上を占めています。 自宅で使用していない材料は、アジア市場にあふれ、日本の輸出と競合します。

Hashimotoは去る1月Nippon Steel従業員へのメッセージで「私たちのビジネス環境はますます厳しくなっています。」と言いました。 「私たちは、今年の主な構造改革に取り組みが必要です。 “

他の主要経済国よりも先にコロナウイルスの影響で経済が回復した中国が再び生産を強化すれば、アジアの鉄鋼市場は、スパッタリングされることがあります。 切断能力はNippon Steelが効率を高め、自動車鋼板などの競合他社との差別化された領域に資源を集中するための鍵です。

日本と全世界で脱炭消化の増加推進はNippon Steelの簡素化の推進にも影響を与えます。

菅義偉首相は昨年、日本が2050年までにカーボンニュートラルを達成することを目標とすることを発表しました。この動きは、企業が生産する排出量について、本質的に支払う炭素価格に対する日本の議論に活気を吹き入れました。

橋本は2月の会議で、「炭素価格が市場を歪曲する」と述べた。

生産に使用される炉は、石炭から抽出した燃料であるコークスを使用するため、製鋼は、炭素集約的な産業である。 特にNippon Steelは、年間9,400万トンの二酸化炭素を生産する日本最大の企業の一つです。 これは、炭素価格制度のもとで会社に年間数千億円の費用がかかることがあります。

しかし、Nippon Steelは、気候変動に目を向けていない。 この会社の5カ年計画は、政府の目標に合致する2050年までに二酸化炭素純排出量をゼロすることを要求します。

Nippon Steelはコークスの使用を避けるの炭素捕捉技術と水素の減少方法を採用して炭素ゼロ鋼の取り組みを達成することを目標とします。 このような変化は、Nippon Steelの炉工程の全面的な改善と4兆円から5兆円の間の投資が必要になります。

グローバルライバルたちも脱炭消化を追求しています。 昨年ArcelorMittalは高炉を含む米国子会社を米国鉄鉱石会社Cleveland-Cliffに売却しました。 ArcelorMittalは、ヨーロッパやその他の地域の緑の技術投資に転換することにより、不採算資産をオフロードして、会社を炉から遠ざけすることです。

中国政府は、年間1億トンを生産することができる企業を生む可能性がある、国内の鉄鋼メーカーを統合する方向に進んでいる。 日本がグリーン技術の開発に力を入れているが規模が大きくなった、中国の競争相手が追いつくまでには時間の問題だ。

SMBC Nikko SecuritiesのAtsushi Yamaguchiシニアアナ「状況が変わらなければ、日本の鉄鋼業界自体が生存するのは難しいだろう」と言いました。

Nippon Steelの5カ年計画は、2兆4000億円の資本支出を必要とします。 同社はまた、インドの鉄鋼事業を拡大し、他の国の鉄鋼工場を買収するために6000億円を支出する予定です。

中期計画は、Nippon Steelのグローバル生産能力が7000万トンから1億トンに増加すると予想しています。 しかし、グループは、収益力を回復しなければ、海外進出が停滞するだろう。

READ  PCIe Gen4対応のSamsung製M.2 SSD「SSD 980 PRO」が国内発売。 1TBモデル税込約2万5000円

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close