トップニュース

NiziUの「CLAP CLAP」、Japan Hot 100 – ビルボード1位

NiziUの「CLAP CLAP」は今週のビルボードジャパンホット100から10-1上昇し、7月27日付チャートを支配しました。

9人組ガールズグループの3番目のシングルは、最初の週に149,347枚が売れ、149,347枚の販売高を記録した。 このトラックは、販売(347,432枚でリリースされたグループの以前のリリースから半分に減少)、ストリーミング(先週2,812,351回から今週2,862,988回)、およびビデオ(3,027,385回で3,027,385回で、過去2回と3,365回で、視聴回数2,868、 。

シンガーソングライターの谷 Yuukiの長期ヒット曲「W/X/Y」が今週のストリーミング8,776,618件でストリーミング1位に戻り、公式HIGEダンディズムの「Mixed Nuts」(8,609,262、2位)とSEK上記を獲得しました。 NO OWARIの「習慣」(8,357,760、3番)。 この3曲はメトリック4位の曲よりそれぞれ約200万ストリーミングに先んじて互いに競争しています。

探る

最新のビデオ、チャート、ニュースを見る

最新のビデオ、チャート、ニュースを見る

星の源の日本映画主題歌 ゴーストブック 「I Wanna Be Your Ghost(feat. Ghosts)」という名前で、今週のJapan Hot 100で6位にデビューし、12,463のダウンロードとラジオも一緒に支配しました。 他の指標では、トラックはTwitter 17位、ビデオ21位、ストリーミング64位です。 King Gnuの「Ame sansan」(先週ダウンロード1位)はストリーミング数を2倍に増やし、測定項目で59-12、Japan Hot 100から13-8上昇して上位10位に入った。 同様に、今後ストリーミングを増やすのがこの曲がロングランヒットになる鍵です。

Billboard Japan Hot 100は、実際の販売とデジタル販売、オーディオストリーム、ラジオ放送、Twitterメンション、YouTube、GYAOを組み合わせています! ビデオ再生回数、Gracenote再生、カラオケデータ。

ビルボードジャパンホット100チャートフルビュー 7月18日~24日、 ここ

READ  日本は中国を注視し、インド太平洋に自衛隊を配置する。

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close