エンターテインメント

NiziUプロデューサーJY Parkの言葉指導法が反響」勉強になる」「経営の本質」|松子会議|動画|ニュース

マツコデラックスが番組スタッフと企画会議をして、今話題の深い場所中継を結んでその領域を深く掘るいくプログラム「松子会議」(日本のTV系毎週土曜日23:00〜)。 9月12日放送は、韓国と中継を結んで「Nizi Project」の装置であるとして、世界的な音楽プロデューサーJY Park(パク・チニョン)とトルクを広げた。

JY Parkといえば、TWICEと2PMなどをスターダムにのせた人物で、自分もアーティストとして活躍するエンターテインメント業界のリーダー “Nizi Project」は、そのようなJY Parkが主導オーディションプロジェクトで1万人を超える応募者の中から選抜された合格者9人が今年の秋NiziUで本格デビューする。

放送・配信されたオーディションの様子を見ていた松子はNiziUの注目メンバー “MAYAちゃんの表現力ですね。言い方は悪いが、その年齢にその色気を出せる子はないと考えている」「RIMA量など出てきた瞬間から凄かったよ」と具体的な地名を絶賛した。

そしてNiziUのプロデューサーであるJY Parkと画面の向こうながらも初対面をした松子は、「失礼になってしまうかもしれませんが」と前提して、「私は、かなり可愛いと思っている」と率直に気持ちを告白。 JY Parkが「私も本当に会えてうれしいです」と笑顔を見せると、「百戦錬磨のプロデューサーが言うことをうのみならないです」と警戒しながらも、「ところで、嫌いではない」と喜んだ。

ほぼ同じ年齢松子はJY Park作る音楽に私の触れてきた音楽と文化のような匂いがすると指摘した。 「一体どんな音楽と接していたのかすごい興味があり」と質問するとJY Parkは「日本芸能人の中では桑田佳祐さんから影響を受けた」と打ち明けた。

また、MVコメディタッチや、「餅リング」というニックネームで呼ばれていることについてJY Parkは、「私が最も恐ろしいのは、周囲の人々が私に近づけないことです」と、「私は常にすべての人に松子さんのように身近に感じてたいと思います」と主張する。 そんなJY Parkの言葉に松子も「私はいつも自分がバカだと思っ」と共感した。

また、JY Parkの「Nizi Project」意志も方法、松子は「とても正直なことになるんだなと思いを。 賞賛するところは、きちんと賞賛し、より努力したほうが良いのは、厳密に指摘アウト。 それ面倒だ、最終的にはそれを非常によくあう方だと思った」と評価した。JY Parkは「賞賛も叱ることも、すべてその人について知っていることが最も重要だと思います。 知らない評価をすると効果がありません。 だから開始は、その人のために、「関心」と「愛」だと思います」とプロデューサーとして大切にしていることを述べた。

収録中は終始JY Parkについて「きれい」を連発した松子は最終的に「NiziU誰かに任せて、自分がゴリゴリきたら?」と提案した。 JY Parkは「松子さんだけを信じて、日本に進出する」と返しスタジオの笑いを誘っていた。

2人の貴重な交換は、インターネットでも話題になった。 「やはり両方スマートすごい人だな」「JY Parkさんの指導法もすごい。人柄を感じる勉強になりました」「人を導く側の人は、絶対見たほうがいい」「マネジメントの本質がボンボン出て迎えた。本当に近似してうらやましい」などの反応が寄せられていた。

次の9月19日放送は継続JY Parkが登場。 松子一緒NiziUメンバーの魅力を言ってしまい。

READ  乃木坂46の後輩を何度も救ってきた白石麻衣安定感 - 坂道:日刊スポーツ

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close