技術

Novatiq、Supership Holdingsパートナーシップを通じてJAPACとAPACでの個人情報の保護優先IDソリューションの拡張

Novatiqは、自社のネットワークオペレータインテリジェンスを活用する唯一の個人情報保護優先IDソリューションであり、今日の次ののかなりの商業的パートナーシップを発表しました。 スーパー十ホールディングス。 Supershipは、データベースのデジタル広告で日本のリーダーです。

この取引は、英国の新興企業と日本のデジタルメディア大国が完全にプライバシーを遵守する広告プラットフォームを開発するために数百万ポンド、多国、多年契約をすることを見るようになるでしょう。 Novatiqで開発した特許技術は、ユーザー確認のためのネットワークの顧客インテリジェンスを使用してサードパーティのCookieやその他の現在の識別信号を段階的に廃止した結果、広告業界が直面している現在の問題を克服します。

イン – ネットワークNovatiq FusionプラットフォームとSupership AdGenerationソリューションの統合は、人ベースのIDと視聴者活性化のためのエンド – ツー – エンドの生態系を作成します。 保護された自社のデータを使用して、はるかに改善された顧客体験を提供し、サービスとしての広告の精神を促進します。

Novatiq動的Hyper IDを使用してユーザーを確認して決定的潜在的な顧客をここに接続し、サイト運営者のインベントリを最適化するSupership機能を組み合わせることで、広告主が、タイムリーに適切な人に適切なキャンペーンを提供することができます。

日本で初めて開始されたこの同盟は、今年からいくつかの国でNovatiqプラットフォームを発表する予定でAPAC地域での優先パートナーとしてSupershipを確立しました。

パートナーシップについてNovatiqのCEOであるJonathan Hulford-Funnellは次のように言いました。

「Supershipは、日本のデジタル広告市場のリーダーとして、アジアでの拡大を進めるうえで最適なパートナーになりました。 デジタル広告に個人情報保護を最優先にする精神を採用することは、全体の広告の生態系に非常に重要であり、これは最初の日からNovatiqで開拓してきたアプローチです。 特許取得済みのFusionプラットフォームと地元の市場流通を介してAPAC地域全体で主導的な地位を占めて広告サービスのビジョンを伝えることができます。 “

Supership Holdings代表取締役社長であるShingo Inabaは次のように言いました。

「Novatiqの技術を活用することにより、Supershipは、クッキーの独立したターゲットを可能にするプラットフォームを開発することができます。 そうすることで、私たちは、日本のデジタル広告市場での次世代の生態系を構築すると同時に、今日必要とされるデータのプライバシーを保護することです。」

SupershipはDSP(Demand Side Platform)、DMP(Data Management Platform)およびSSP(Supply Side Platform)を含む全体の広告技術スタックを運営します。 このパートナーシップは、Novatiqの特許取得済みのFusionプラットフォームをパブリッシャと広告主の顧客に提供することです。

Fusionプラットフォームには同意された決定的当事者データを使用して、リアルタイムに生成されるHyper ID、トランザクション、匿名と固有IDの提供が含まれます。 これにより、サイト運営者と広告主は、個人データが広告技術の生態系に入らなくても、ユーザーを同意された自社の潜在的な顧客グループと一致させることで、適切な潜在的な顧客に適切な広告を掲載することができます。

READ  iPhone12シリーズ、iOS14.1がインストールされて出荷または - iPhone Mania

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close