[NPB NOTEBOOK] 吉本つつご、ベイスターズで優勝復帰

Estimated read time 1 min read

全体の内容を読んでください。 スポーツルック[NPB NOTEBOOK] 吉本つつご、ベイスターズで優勝復帰

ツツゴヨシトモ 5月6日月曜日8回に3点ホームランを破り、横浜DeNAベイスタスを6-5に逆転勝ち、NPBに素敵に復帰しました。

メジャーリーグ野球で活躍してから5年ぶりにベイスタスに初めて出場したツツゴは、最も重要な瞬間に活躍しました。

ヤクルト救援投手で3点シュート成功 ホセ・エスパダ 横浜スタジアムの右翼数スタンドでは、ベイスターズが阪神タイガースより2½ゲーム遅れた読売ジャイアンツと一緒にセントラルリーグランキングで共同2位を占める4ランラリーを終えました。

つつごは「チームの仲間たちが試合前から私を励ましてくれた」と話した。 「私たちが遅れても勝利するというみんなの意志を見ました。私にとっては本当に大きな瞬間でした」

ベイスターズ
5月6日の試合後、辻後義友がベイスタスマスコットと一緒にポーズをとっている。 (©SANKEI)

メジャーに出る前に、つつごは横浜でファンが一番好きな選手でした。 彼は2010年代後半のNPBで最も恐ろしい打者の一人でしたが、MLBクラブでの位置を決めることはできませんでした。

MLBで不振な32歳の辻後は横浜と2年目まで年俸3億円(190万ドル)の3年契約を締​​結し、3年目には変更されることがあります。

横浜ファンはこれ以上幸せではありません。 彼は月曜日の試合で打席に来るたびに「ゴ、ゴ、ツツゴ」を叫んで挨拶を受けました。 ツツゴはまた、7回目に左に2塁打を記録した。

ベイスターズ
5月6日横浜スタジアムの巨大な得点版に辻後義友が見える。 (©SANKEI)

ベスタスベテランがMLBから帰ってきた。

2020年から2022年までタンパベイレース、ロサンゼルスドジャース、ピッツバーグ・ファイアリッツでメジャーリーグ総182試合に出場し、打率0.197、18ホームラン、75打点を記録した。

ベテラン外野手はマイナーリーグ契約でサンフランシスコジャイアンツと共に今年春の訓練に行ったがMLBリストに上がることができずFAになりました。

ツツゴは2017年のワールドベースボールクラシックでサムライジャパンの4番打者でした。 彼の横浜復帰は自動的にBayStarsを競争の激しいCLでより良いチームにします。

同じ打者と マキシュゴ ベイスターズは宮崎敏郎と共に強力なラインナップを保有しています。

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:ジムアームストロング

著者は25年以上にわたり日本スポーツを取材してきた長いジャーナリストだ。 あなたは彼を見つけることができます SportsLookの記事

READ  日本はワールドカップ優勝を好むが、他の人は驚くことができる。
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours