NSCLCのアテゾリズマブ併用療法の探索:J-TAIL-2研究

1 min read

以下は、2024年ASCO年次会議で発表された「J-TAIL-2:日本の非小細胞肺がん(NSCLC)患者(pts)を対象としたアテゾリズマブ(アテゾ)併用療法の前向き観察研究」をまとめたものです。 問題 腫瘍学 著者:Watanabe et al。


IMpower試験(130、132、150)では、プライマリNSCLCに対するアテゾリズマブの併用療法を承認しました。

研究者らは、J-TAIL-2(NCT04501497)の限られたデータを考慮して、日本のNSCLC患者を対象とした3つのアテゾリズマブ併用療法の実際の効果と安全性を評価するために後方研究を行いました。

彼らは、臨床実践の一環としてアテゾリズマブの併用療法を受けることに設定された切除不可能な進行性または再発性NSCLCを患っている20歳以上の日本人患者を登録しました。 患者はアテゾリズマブ+CnP、アテゾリズマブ+PP、又はアテゾリズマブ+bev+CPを受けた。 主な焦点は12ヶ月のOS比であり、2番目の焦点はOSと安全性でした。 IMowerのようなグループ。 70歳以上の患者は、健康状態を評価するために基本的な高齢者評価(G8)を受けました。

結果によると、2020年8月21日からデータ締切日(2023年2月3日)までの150機関(atezo + CnP、n = 217; atezo + PP、n = 211; atezo + bev + CP、n = 386) )。 効力分析母集団(n=791)の基本特性。 12ヶ月のOS率(95%CI)は62.9%(55.8、69.2)、72.1%(65.2、77.9)、68.3%(63.2、72.9)であり、アテゾ+の場合、OS中央値は19.7、23.5、23.5、 。 それぞれCnP、atezo+PP、atezo+bev+CP。 IMpower類似サブグループと類似サブグループのOSHR(95%CI)は、それぞれ1.36(0.91、2.05)、1.08(0.70、1.68)、および1.49(1.09、2.06)でした。 評価可能な全ての患者のG8中央値は13点であった。 G8スコアを受けた患者の場合

研究者らは、日本患者の場合、アテゾ併用療法がIMpower試験と同様の有効性と安全性を有し、不適格患者にも一貫して現れることを発見した。 しかし、G8スコアが低く、70歳以上の患者では、有効性と安全性が悪かった。

源泉: Meetings.asco.org/abstracts-presentations/232099

READ  東京2020、東日本大震災復旧を強調するガイドブック発刊
Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours