経済

NTHUと日本DAICEL、革新的なデスクトップ化学工場の共同開発

HSINCHU、台湾、2021年10月28日–(ビジネスワイヤー)–National Tsing Hua University(NTHU)と有名な日本化学会社DAICELは、学者Kitamori Takehikoが開発した革新的なマイクロ流体システムを化学製造産業に統合するための5カ年の共同プロジェクトを今日発表しました。 このプロジェクトの総投資額は4億5000万日本円(約NT$1億1000万)であり、炭素や廃棄物の生成を下げながらエネルギー消費を減らす可能性は、化学産業の持続可能性に対する新たな基準を設定すると期待されています。 。

このプレスリリースにはマルチメディアが含まれています。 ここで完全なリリースを見る: https://www.businesswire.com/news/home/20211028005388/en/

Kitamori Takehiko 教授は、従来、大規模な機器で行われていた混合および抽出作業を名刺サイズのガラスチップを使用して行うことができる革新的なマイクロ流体システムを開発しました。 (写真説明:国立清華大学)

微細流体およびナノ流体技術の世界的に著名な開拓者であり、元東京大学副総長である北森教授は、NTHU電力機械工学科ナノ工学およびマイクロシステム研究所のYushan名誉座席教授として在職しています。 2020. 彼は、東京大学で行われた以前の研究に基づいて、既存の大規模機器で行われていた混合および抽出作業を名刺サイズのガラスチップを使用して行うことができる革新的なマイクロ流体システムを開発し、数千のマイクロ流体チップを同時に組み合わせて「デスクトップ化学工場」を作ることができます。

Kitamoriは、温度と反応速度の異なる複数の大きなバレルの化学物質を瞬時に混合することは非常に困難であり、物質を注意深く扱わないと爆発する可能性があると説明しました。 したがって、化学物質を混合するための好ましい方法は、使用される原料の量と混合順序と条件を正確に制御することができ、最終製品の品質を最適化するためのマイクロチャネルを通って化学物質を通過させることです。

Kitamoriは、このプロジェクトの目標は、化学生産設備のサイズを縮小し、現在20 x 20メートルの工場で生産されるものを2平方メートルのシステムに小型化できるようにすることであると述べました。 さらに、そのようなシステムは、エネルギーと材料を使用しにくく、コストを下げ、炭素も少なくします。

数年前、DAICEL社長のOgawa Yoshimiは、Kitamoriが開発したマイクロ流体技術について聞いたときに深く感銘を受けました。 彼はまた、この画期的な製造プロセスを世界に紹介するためにNTHUと協力することを期待しており、持続可能性と循環経済を促進する方法としても見ています。

NTHUの研究開発ディレクターであるFangang Tseng博士は、マイクロ流体化学工場の将来の開発について非常に楽観的であると述べた。 彼は、日本最大の化学会社の一つであるDAICELと台湾の多くの中小化学工場でこのマイクロ流体プロセスを採用することが革命的な飛躍を構成し、同様のプロセスが日本で適用される同様のプロセスにつながる可能性があると指摘しました。 半導体および生物医学産業。

businesswire.comでソースバージョンを見る: https://www.businesswire.com/news/home/20211028005388/en/

コンタクトレンズ

ホーリーシュエ
NTHU
(886)3-5162006
[email protected]

READ  福島放射能の懸念のために韓国チームは、食品検査

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close