NTT、光、無線ネットワークのイノベーションという使命を追求

Estimated read time 2 min read

日本テレグラフとテレフォンは、日本全土に安定した通信サービスを提供し、関連研究を行うために1952年に国営独占企業として設立されました。 第二次世界大戦後、日本が軽工業から重工業に転換する変化の時期でした。 1980年代に、NTTは公共と民間の混合ベンチャー企業に改編されました。 つまり、証券取引所で取引されますが、会社の3分の1以上を日本政府が所有するように規定する法律の適用を受けます。

現在、NTTは、モバイルネットワーク運用(NTT Docomo)、エネルギー、金融、高度な技術、ITインフラストラクチャ、および統合サービスを含む子会社全体で300,000人以上の従業員を雇用している大企業です。 その活動の範囲は、日本とアジア太平洋地域、中東、アフリカ、アメリカ、欧州連合など、世界中です。

私は最近、毎年NTT研究開発フォーラムを通じて会社の詳細を学ぶために東京に招待されました。 今年、NTTは製造自動化、遠隔建設運営、炭素排出削減、自然災害モニタリングと緩和、医療などを含む分野で100以上のデモを実施しました。 このイベントは革新的な光と無線ネットワーク「IOWN」を中心に行われ、私は会社と会社の深さと幅に深く感謝し、残しました。 私は今回のイベントで私が最も重要だと思ったことについての洞察を共有したいと思います。 NTTが現在当社の顧客ではないことを覚えておくことも重要です。

一週間、私は東京の3つのNTT施設で時間を過ごしました。 最初の訪問は7-11コンビニエンスストアのある研究開発センターで行われました。 (興味深い注意:東京の1,400万人の住民にサービスを提供するために、東京のすべての街角で7〜11の場所を見つけることができますが、残念ながらSlurpeeマシンはありません!)施設で私は3つの技術デモンストレーションを見つけましたしました。 顕著なプロジェクト:Project Humanity、NTT Tsuzumi、心血管疾患の治療に人間のデジタルツインを使用するNTT Researchプロジェクト。

NTTのProject Humanityは、重度の障害を持つ人々を助けるための高貴な包括的な努力です。。 この夏に始まったこの計画は、NTTのパートナーシップで行われました。 ALSとともに Dentsu Lab Tokyoは、筋萎縮性側索硬化症(別名ルーゲリック病)に苦しむ人々が身体的モビリティと言語的コミュニケーションを回復するのを助けます。 過去に、 ALSアイスバケットチャレンジ 研究に対する認識を高め、資金募金のために遠く離れたが、NTTがやっていることが本当に説得力があることが分かりました。 将来指向の調査には、人の意図した動作をもたらす移動補助装置とデジタルアバターを操作する能力が含まれます。 私のイベントでは、ガイド車椅子と有名な日本のDJで目撃したデモは非常に希望的であり、障害者に画期的な発展をもたらすことができます。 5G接続は、接続デバイスの大規模サポートと触覚制御に必要な超低遅延時間をサポートする能力を考慮すると、将来のユースケースでも不可欠です。

自然災害と混同しないように、NTT Tsuzumi(日本北)は2024年春に軽量日本語および英語処理大型言語モデルの発売を目指しています。。 LLMは最先端生成AIサービスをサポートしていますが、モデルの実装と継続的な調整に関連する消費電力とコストに懸念があります。 Tsuzumiは、持続可能性、パフォーマンス、運用、および資本コストのバランスをとることに焦点を当て、この問題を解決することを目指しています。 NTTはこれらの分野に努力を集中した最初の会社の1つであり、成功すれば結果が判明を変えることができます。 私たちはまだ生成AIの初期段階にあり、より多くの作業を行う必要がありますが、NTTの画期的な努力に拍手を送ります。 私が目撃したデモは、AIを介した通信サービスとそれ以上の改善に影響を与え、持続可能に実行できます。 将来のモバイルネットワークは潜在的に自律化されており、運用弾力性のための優れたレベルの自己修復とセキュリティを提供することができます。

最後に、シリコンバレーに本社を置くNTT Researchは、医療・健康情報学研究室を通じて医療の発展という使命を始めています。。 高度に正確なシミュレーションが展開をスピードアップし、ビジネスパフォーマンスを向上させることで価値を提供する大規模な通信ネットワークの製造、教育、設計に洗練されたデジタルツインがますます使用されています。 NTTは、治療を実施する前に、疾患および疾患を仮想的に予測および診断するために分子レベルで個別にカスタマイズされた心血管バイオデジタルツインを開発しました。 最終的に、NTTはスマートセンサーと次世代の5Gと6Gの接続を介して、患者の健康記録、継続的なモニタリング、および治療にわたって心血管問題に対する閉ループ自律治療を可能にすることを願っています。 これを現実化するためにはまだより多くの研究が必要ですが、改善された患者の結果を提供し、生命を脅かす病気を事前に緩和および除去するための深い機会を強調したという点で、今回の実演は大きな影響力を発揮しました。

2回目の東京訪問はNTTのモバイルネットワーク運営部門であるドコモを訪れました。 ドコモは「モバイルネットワーク経由で通信する」という会社のモトの略です。 巧妙なスペルですが、私がより創造的だと思ったのは、現在5Gおよび次世代6G通信を最大限に活用できる革新的なユースケースに対するMNOの焦点でした。

東京スカイラインの上にそびえ立つ美しい本社で、ドコモチームのメンバーは技術アナリスト(私)、生意気なイギリスのフリーランスジャーナリスト(私の友人Adrian Bridgwater)、AI医療起業家(シラズラバル)。 デモンストレーションには、6Gと人間の増強、混合現実とメタバスアプリケーション、触覚マイクロエクササイズ技術の伝送技術に関するDocomoのビジョンが含まれています。 後者は特に素晴らしいです。 皮膚を貫通しない接続されたバイオメトリックセンサーを使用すると、Ravalは目の遠いデモンストレーションを通じてDocomoの従業員の腕と手のいずれかを上げて下げる物理的な動きを引き起こすことができました。 特に産業や医療環境で人間と機械を強化する場合、アプリケーションは無限になる可能性があります。

3回目と最後の訪問はNTTのe-City Laboでした。 スマートシティ研究所は、持続可能な産業の発展と地域経済の成長を促進し、地域の活力と協力の機会を創出し、有望な安全とセキュリティサービスを提供するという3つの目標を持っています。 3つのユースケースが目立った。 (1) 農業測量及び殺虫剤散布のために特別に製作されたドローンプラットフォームを作ることです。 (2)高度な自動化農業栽培とバイオガス生産。 (3)非侵襲的血糖とバイオリズムのモニタリングと調整。 これらのユースケースはタスクを自動化し、セルラー技術を活用し、展開と管理に必要な技術基準を下げます。 私たちのツアーガイドは、日本の多くの若い世代が農業や牧場の経営に興味がないことを強調しました。 したがって、セルラー接続、IoTセンサー、コンピュータービジョンを備えた高解像度スマートカメラを組み合わせることは、日本の農業持続可能性の未来にとって重要な方向のようです。

NTT R&Dフォーラムを通じて、同社が通信とITインフラを超えて行っている多くのことに目を向けました。 研究努力を通じて、会社は多くの産業の混乱を促進する準備ができています。 NTTは今日の技術分野で最もよく知られている秘密の一つかもしれませんが、NTTが多くの努力をして成功すれば、状況は間違いなく変わると思います。

Moor Insights & Strategyは、すべての技術産業研究および分析会社などの技術企業に有料サービスを提供または提供してきました。 これらのサービスには、研究、分析、アドバイス、コンサルティング、ベンチマーク、買収マッチメイキング、ビデオ、スピーチのスポンサーが含まれます。 同社は8×8、Accenture、A10 Networks、Adobe、Advanced Micro Devices、Amazon、Amazon Web Services、Ambient Scientific、Ampere Computing、Analog Devices、Anuta Networks、Applied Brain Research、Applied Microとのビジネス関係を維持したり、現在有料ビジネス関係を維持しています。 , Apstra, Arm, Aruba Networks (現 HPE), Atom Computing, AT&T, Aura, Avaya Holdings, Automation Anywhere, AWS, A-10 Strategies, Bitfusion, Blaize, Box, Broadcom, C3.AI, Calix, Cadence Systems, Campfire , Cisco Systems, Clear Software, Cloudera, Clumio, Cohesity, Cognitive Systems, CompuCom, Cradlepoint, Cyber​​Ark, Dell, Dell EMC, Dell Technologies, Diablo Technologies, Dialogue Group, Digital Optics, Dreamium Labs, D-Wave, Echelon, Elastic, Ericsson、Extreme Networks、Five9、Flex、Fortinet、Foundries.io、Foxconn、Frame(現在のVMware)、Frore Systems、Fujitsu、Gen Z Consortium、Glue Networks、GlobalFoundries、Revolve(現在のGoogle)、Google Cloud、Graphcore、Groq、 Hiregenics, Hotwire Global, HP Inc., Hewlett Packard Enterprise, Honeywell, Huawei Technologies, HYCU, IBM, Infinidat, Infoblox, Infosys, Inseego, IonQ, IonVR, Inseego, Infosys, Infiot, Intel, Interdigital, Intuit, Iron Mountain, Jabil Circuit, Juniper Networks, Keysight, Konica Minolta, Lattice Semiconductor, Lenovo, Linux Foundation, Lightbits Labs, LogicMonitor, LoRa Alliance, Luminar, MapBox, Marvell Technology, Mavenir, Marseille Inc, Mayfair Equity, MemryX, Meraki (Cia , Mesophere, Micron Technology, Microsoft, MiTEL, Mojo Networks, MongoDB, Movandi, Multefire Alliance, National Instruments, Neat, NetApp, Netskope, Nightwatch, NOKIA, Nortek, Novumind, NTT, NVIDIA, Nutanix, Nuvia (現 Qualcomm), NX , onsemi, ONUG, OpenStack Foundation, Oracle, Palo Alto Networks, Panasas, Peraso, Pexip, Pixelworks, Plume Design, PlusAI, Poly (以前の Plantronics), Portworx, Pure Storage, Qualcomm, Quantinuum, Rackspace, Rambus, Rayvolt E-Bikes , Red Hat, Renesas, Residio, Rigetti Computing, Ring Central, Salseforce.com, Samsung Electronics, Samsung Semi, SAP, SAS, Scale Computing, Schneider Electric, SiFive, Silver Peak (現 Aruba-HPE), SkyWorks, SONY Optical Storage 、Splunk、Springpath(現在のCisco)、Spirent、Splunk、Sprint(現在のT-Mobile)、Stratus Technologies、Symantec、Synaptics、Syniverse、Synopsys、Tanium、Telesign、TE Con​​nectivity、TensTorrent、Tobii Technology、Teradata、T-Mobile、 Treasure Data, Twitter, Unity Technologies, UiPath, Verizon Communications, VAST Data, Veeam, Ventana Micro Systems, Vidyo, Volumez, VMware, Wave Computing, Wells Fargo, Wellsmith, Xilinx, Zayo, Zebra, Zededa, Zendesk, Zoho, Zoom,そしてジスケーラー。

READ  Garminフラッグシップモデル「fenix6」よりソーラー充電機能を搭載した「fenix6 Pro Dual Power "" fenix6S Pro Dual Power」を9月10日(木)に発売|プレスリリース|ニュース| Garmin | Japan
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours