経済

NTTがドコモの完全子会社化、TOB合計4兆円 – 対応迅速化 – Bloomberg

NTTは29日、NTTドコモの株式公開買い付け(TOB)を介してタブー(2021年3月)の間に完全子会社化すると発表した。 両社が同日開かれた理事会で決定した。 次世代通信規格「5G」の垣根を越えた活用と5Gの次世代通信技術の開発に従事しなければならドコモを完全子会社化することを決定速度を速く。

都内のドコモショップ(29日)

フォトグラファー:Toru Hanai / Bloomberg

発表によると、週3900円、総額は4兆2545億円で、一般株主が持つ約34%のドコモ株式を取得し、子会社化する。 価格は28日の終値2775円で41%のプレミアムを乗せた水準だ。 引数規模は、日本企業のTOBは過去最大となる。 NTTは現在、ドコモの株式の66.21%を保有している。 NTTの最大株主は財務省から34.69%(3月31日時点)を有する。

TOBの詳細
  • 買取期間は30日から11月16日まで
  • 買い取り資金をカバーするために、最大4兆3000億ウォンを金融機関から借り入れ
    • 三菱UFJは1兆5000億円、三井スミトモウン1兆2000億円上限
    • ミジュホウン7000億円、農林中央金庫から4000億円の上限
    • 三井住友信託で3000億円、政策投資銀行から2000億ウォン限度で借入
  • 仕入れ数の下限は1468万6300株
  • ドコモはTOBに賛同、TOB終了後、上場廃止
  • NTT側のファイナンシャル・アドバイザー(FA)は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • ドコモ側FAは野村證券
  • 買い取りが成立議決権の90%以上を取得する場合には、他の株主に売却請求
    • 90%未満であった場合には、2021年1月頃を目標に臨時株主総会を開催し、株式併合を部

今後少額株主の利益を先行投資などが必要であることが、ドコモが上場を継続して迅速な意思決定が難しいし、完全子会社化し、親上場を解消する必要があると判断した。 4月中旬に埋め込み検討を開始し、6月上旬にドコモ側と協議を提案した。

NTTの澤田純社長は発表後、都内で会見を開き、米国と中国の製品が市場を席巻しており、「新しいゲームチェンジを起こしたい、世界のために我々がリードしていくことができるグローバルサービスやソリューションを提供していたい」と述べた。 また、TOB資金については、「金融機関からのつなぎ融資を介して調達して順次、長期資金に転換する予定だ」と説明した。 普通株式の新規発行による資金調達は行っていないと述べた。

料金引き下げ要請

菅義偉首相は、日本の情報通信技術(ICT)の国際競争力強化を新政府の課題として掲げ、デジタル庁を創設する方針を打ち出している。 携帯電話料金の引き下げにも官房長官時代から外国の例を参考に、早期カットの実現を目標としており、18日には武田良太総務省に指示した。

ドコモの株価は29日、前日比16%高の3213円で取引を終えた。 この日は、9月中旬配当配当の権利落ち日のの影響もある中で、NTT株は一時5.8%下落し、携帯電話事業で競合するソフトバンクは6%低下、KDDIも5.3%下落した。

ジェフリー証券アナリストのツールゴヤール氏は28日のレポートで完全子会社化するとドコモは有利だが、短期的には、携帯料金引き下げのリスクが増加するための候補のKDDIとソフトバンクに不利になると指摘した。

シティグループのアナリスト、鶴尾充伸氏は、レポートでNTTが時価発行増資で資金を調達するのは難しいとしてTOB資金は全額水中資金と借入で調達されるとの見方を示している。 法律は、電気通信の安定性の観点から、NTTの発行済株式の3分の1以上を政府が保有することが定められている。

ドコモの株価は、前首相が8月に辞意を表明して後任に行っ氏が有力候補に挙げられたのに応じて降り足を強化して、9月18日の終値基準で約1年ぶりに最低値をつけていた。

ドコモはNTTの柱をサポートするために、収益の柱になって、4 – 6月期には営業利益の56%を稼いだ。 完全子会社化することに貢献比率をさらに高めることができる。 ドコモは、1991年8月に設立され、98年10月に東京証券取引所第1部に上場した。

発表の詳細を追加して、ドキュメントを更新します

READ  ジープ、ミリタリーテイストの「コマンダー」300台限定車「無制限・サージグリーン」 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close