技術

NTT Com、日本にIOWN All Photonicsネットワークを構築

NTT Comは、NTT WestおよびNTTと協力して、NTTのIOWNイニシアチブ1に従って開発中の高度なAPN(All Photonics Network)を展開し、リモートミュージカルのために3つの場所にある何千人ものミュージシャンをリアルタイムで接続すると発表しました。 協同。

イベントは1983年から毎年大阪城で行われる「SUNTORY Presents Beethoven’s 9th with a Cast of 10,000」の40回目の公演で日曜日午後3時から毎日放送が主催する。 12月4日。

遠隔コラボレーション公演では、光ファイバ長で累積距離約700kmに離れた大阪城ホール合唱団と東京NTTコムのオープンハブパーク、大阪NTTウエストのクイントブリッジ合唱団を通じて互いにつながる。 APNは、それぞれのコンダクターとオーケストラと一緒に1つの統合された合唱団で一緒に歌います。


このプロジェクトは、NTTの超高級APN通信ネットワークの4つのコア技術を実演する予定です。 2)マイクロ秒遅延測定および可視化のための遅延可視化技術。 3) MediaRouterX3 4K/8K 非圧縮映像光伝送装置を用いた低遅延映像伝送技術2 4) 別々の位置で複数の画像を分割して表示する低遅延映像処理技術4。

デモンストレーションのために、NTT Comは遠隔地の1つとしてIOWN APNデモンストレーション環境であるOPEN HUB Parkを使用する予定です。 NTT Westは、メインイベント場である大阪城ホールと他のリモートイベント場であるQUINTBRIDGEの使用を提供し、技術検証と評価も行う予定です。 NTTは、上記の4つの重要な技術の基本的な技術検証に対処します。

今後、NTT Comはこのデモで学んだことを活用して、NTTグループで開発中のIOWN APN技術を展開するための異なるシナリオを開発します。

ライフスタイルが変化するCOVID-19の影響に対応して、ライブエンターテイメント業界は、観客のないライブパフォーマンスやバーチャルフェスティバルなどの実際のイベントとオンラインイベントを融合する新しい方法を模索しています。 NTT Comは、NTTグループのInnovative Optical and Wireless Network(IOWN)イニシアチブに基づいて優れたユーザーエクスペリエンスを提供するために、IOWN APNと関連技術を使用してライブエンターテイメントを含む分野でソリューションを開発しています。

READ  海外IT企業7ヶ所日本未登録過怠料賦課

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close