Economy

NVIDIAのジェンスン・フアンさん、Arm引数について説明 – 携帯電話Watch

NVIDIAの社長兼CEO、ジェンスン・フアン氏。 写真は2020年5月GTC2020アーカイブ動画(https://www.youtube.com/watch?v=bOf2S7OzFEg)より。 このブリーフィングは、国際電話で実施された

NVIDIAは、日本時間の14日午前17時30分からのメディアのためのブリーフィングを開催。 NVIDIAの社長兼CEOであるジェンスン・フアン氏とArmのCEOサイモン時価ス氏がNVIDIAがソフトバンクからArmの株式を買収したと説明した。

テック業界と英国には非常に重要な出来事

ジェンスン・フアン氏は、NVIDIAのArm引数について「技術産業分野とArmの本拠地である英国に非常に重要なこと」とし「AI時代のすべての世界の最高のコンピューティング企業を作っていく」と述べた。

Armの強み “エッジデバイス」を活用したAI技術を開発

また、AIは、この時代の最も強力な技術であり、店舗の倉庫や病院など、様々な場所に活用場所が拡大されているという。 したがってAIコンピューティング、ネットワーキング、データ処理は、業界でこれまで以上に重要になっているとしている。

Armは、倉庫や病院などの現場で活躍するエッジデバイスの強みを持っており、NVIDIAと協力して、NVIDIAのAIコンピューティングプラットフォームをエッジデバイスに配布することができるようになるという。 これにより、クラウドデータセンターと携帯電話、自動運転車両のインターネット自体まで世界のコンピュータメーカーのための次世代プラットフォームを構築することができる。

また、Armのサイモン時価ス氏のCEOは、「AI技術は成熟期に入っている」とし、ArmとNVIDIAの技術を組み合わせて、新しい世界が開かれるという考えを示した。

対中国輸出規制について、「影響はない」

質疑では、米国の中国に対する輸出規制に関する質問があった。 これに対して、米国の輸出管理規則は、どの国での設計と開発かどうかを決定するものと考えているという。

Arm製品のほとんどは、英国や米国以外に設計されているので、米国の輸出管理規則にはあまり該当しないとする。 このため、米国企業の親会社が移動しても、対中国輸出関連の影響は、現在のと変わらないと述べた。

英国は「継続投資すること “

NVIDIAはArm最も優秀な技術者を雇用していると考えており、買収した場合にも、人員削減をすることなく、よりArmに発展、成長できるように、英国では、より多くの研究開発をしていく考えを示した。

また、Armの買収手続きは、英国政府の承認が必要なため、「世界最高水準のAI研究機関を英国ケンブリッジに設置する」など、英国の大規模な投資をすることを英国政府に理解することができように議論されるものとしている。

READ  ケンウッド、Apple CarPlayとAndroid Auto対応のディスプレイオーディオ」DDX5020S " - Car Watch

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close