Nvidiaバンプで日本の日経上昇。 利益実現限度利益(更新1)

1 min read
読売新聞資料写真
東京証券取引所

東京、6月19日(ロイター) – 日本日経平均株価は、水曜日の夜、ウォール街の半導体株ラリーを追跡して上昇傾向で締め切りましたが、利益帳簿による上昇幅は制限的でした。

日本の技術者たちは、米国のチップメーカーNvidiaがNightiaeのマイクロソフトを抜いて世界で最も価値のある会社になった後、上昇傾向を見せました。 フィラデルフィア半導体指数も1%以上上がった。

日経指数は0.23%上がった38,570.76で締め切り、トピックス指数は0.47%上がった2728.64で締め切りました。

「先住民ヨーロッパの政治的リスクが懸念され、日経指数も下落しました。 しかし、今週の初めから、米国とヨーロッパの株価は安定しており、Nvidiaは強力な成果を収めました。」

この組み合わせによって感情が改善されたと彼は言った。

しかし、水曜日の米国市場が祝日のために閉鎖し、指数が時々マイナス領域に入るなど、差益実現により午後の日経指数の上昇幅が制限されました。

野村証券の株式戦略家である沢田真希は、先週市場を押しつけていた不確実性が一部解消された後、心理が軽くなったが、指数をさらに高めるほどの同人はいなかったと述べた。

「位置調整が設定しやすい環境でした。」

三菱自動車は約9%上昇し、日経指数で最も高い上昇傾向を見せました。 自動車会社の社長は、日経新聞とのインタビューで、会社が18年ぶりに自社株を買い入れ、2025年度に株主利回りを高めることができると明らかにしました。

同僚の自動車メーカーであるマツダ自動車は3.6%上昇した。

Nvidiaを顧客にしているチップテスト機器メーカーのAdvantestは4.1%上昇し、2番目に大きな上昇率を見せ、Nikkeiのほぼ89ポイント上昇に57.5ポイントを追加しました。

AI中心のスタートアップ投資家ソフトバンクグループ(SoftBank Group)が1%上昇した。

化粧品会社資生堂は4.8%下落した。

READ  Epson、日本東北の新工場にKES42億投資
Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours