スポーツ

NYC初の日本遺産パレード、来月予定

NEW YORK(AP) – 日本の人々がアメリカで最も人口の多い都市を行進し、彼らの遺産を記念するグループのラインナップの1つであるニューヨーク市で最初のパレードを準備しています。

5月14日に予定された日本の日パレードは、反アジア人攻撃の波に伴う行動主義の中で始まります。 コロナウイルス感染症の間、連帯はパレードメッセージの一部です。 しかし、計画はCOVID-19が出現するずっと前に始まった。

主催側は当初、2020年に東京オリンピックを目指したが、ウイルスによって計画が延期された。

森美紀夫ジュニューヨーク日本総領事館は「これはファンデミックからの回復を祝い、日本社会からニューヨーク市に感謝を表わすためにより良い状況を作るための大きな勢いを創出する」と話した。 水曜日メディアプレミア。

パレードはニューヨーク大都市圏の日本系アメリカ人コミュニティに対する可視性を高めるためのものです。 約56,000人のニューヨーク地域の日本人人口は、ホノルル、ロサンゼルス、サンフランシスコに続き、アメリカで4番目に多いです。 フューリサーチセンター分析 人口調査局データ

何年もの間、セントラルパークで日本の日祭りがありましたが、主催者はこの祭りを通りに連れて行くことでより多くの人々に近づくことができると思いました。

1,700人以上の参加者を含め、ダンス公演団、音楽アンサンブル、武術グループなどのパレードが、メイシス感謝祭のパレードにも使用された通りであるマンハッタンのセントラルパークウエストに沿って進行される予定です。 俳優であり作家であり活動家であるジョージ・タケイ(George Takei)が総司令官になります。

まず、Tak Furumotoはすべてを期待しています。

第二次世界大戦中に日本系の人々が投獄されたカリフォルニア収容所で生まれた古本は、部分的には広島(祖父母が1945年、米国の原子爆弾で生き残った所)と部分的にロサンゼルスで育ちました。 彼は米軍に入隊し、ベトナムで戦い、長年にわたって外傷後のストレス障害と枯渇剤枯渇剤の暴露の影響を受けたと述べた。

現在、不動産仲介業を行っている古本は「私たちは日本とアメリカの間のギャップを狭めるために多くの困難を克服しました」と述べました。 パレードは、「私たちのアジア系アメリカ人がニューヨークで非常に重要で重要な部分であることを示しています。」

READ  金野区、日本 - アフリカ野球ソフトボール財団とパートナーシップを締結

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close