Tech

Oculus Quest 2は、解像度・性能大幅向上、新しいコントローラを採用。 Facebookがフライングたち – Engadget日本版

フェイスブック

Facebookが未発表VRヘッドセット「Oculus Quest 2」フライング掲載しました。

Oculus Quest 2は噂通りQualcommの最新AR / VRプラットフォームSnapdragon XR2を採用して処理能力が大幅に向上するのみならず、RAMも1.5倍6GBを搭載。 VRで重要なディスプレイの解像度も「片方の目ほとんど2K」「Oculusヘッドセット史上最も高解像度」になりました。

本体もストラップが硬い樹脂でファブリック素材が軽量化し、コントローラもより持ちやすい新デザインを採用します。

オキュルラスクエスト2

フェイスブック

招待Oculus Questが発売されたのは、2019年5月。 Snapdragon 835プロセッサをベースに4GB RAM、64GBまたは256GBストレージ、ディスプレイ一眼1600 x 1440の有機ELでした。

第2世代の製品Quest 2がまもなく発表されるようだ、との噂はあったが、Facebook自身が自社のeラーニングサイトのFacebook Blueprintで多数の動画をフライング掲載しています。

そこによると、心臓のSoCは噂通りSnapdragon XR2、RAMは6GB。 単にプロセッサの性能差で言えば招待Quest比CPU / GPUの両方2倍、RAMは1.5倍です。 ストレージは256GBのオプションがあります。

他のSoCカタログスペックでは互換性のあるビデオ帯域幅が4倍の解像度6倍、AIコアの処理速度11倍など。

クアルコム、5G対応AR / VRヘッドセット・リファレンス・デザインを公開した。 Snapdragon XR2ベース

クアルコム、世界初の5G対応AR / VR用SoCを発表AI性能11倍の解像度6倍

VRヘッドセットで重要なディスプレイの解像度は「片側あたりほとんど2K」「現行モデルよりも50%以上の高精細」「歴代Oculusヘッドセットで最も高い解像度 “

その他フライング掲載された動画では、

・初代より小型・軽量

ヘッドストラップはソフトタッチの改良型(初代は硬質樹脂であった)

コントローラも改善されました。 より快適に。

ストレージ256GBモデル(従来は64GBまたは128GB)

・PCと接続してRiftのように使用Oculus Link引き続きサポート

製品デモ動画フライング掲載らしくフル仕様が明らかになったわけではなく、価格もまだわかりません。 しかし、噂には、パフォーマンスを大幅に向上し、従来より安価という望みと混合説ました。

発売日も不明。 しかし、製品のバージョンの紹介動画がすでに多数用意されており、カジュアル流していることからするといずれにしろ近い時期に正式発表を期待することができるようになります。

新型Oculus Questは、小型軽量で90Hz以上の新しいコントローラを採用? (噂) (2020年5月)

Oculusデモの経験:Facebookに学ぶ (フライング掲載ページ取り下げ可能性があります)

最新情報: 解像度の表現を修正。 リークされた動画の中の表現は、「一方、ほぼ2K」です。

当初、一般的に2Kが示す解像度参考に2560 x 1440を括弧内に併記したが、2Kは4KにフルHD解像度の程度を指す使用方法もあり、また一方当たりの比率で考える “ほぼ2K」、すなわち長辺2000ピクセル以下でも解釈することができますので、混乱の助けを削除して、「一方、ほぼ2K」表現だけしました。

READ  電子ペーパーは、最終的カラーに! PocketBook Colorレビュー| ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close