[ODDS and EVENS] ウォーキングレースの優れた選手がパリオリンピックを準備しています。

Estimated read time 1 min read

SportsLookで全内容を読む – [ODDS and EVENS] ウォーキングレースの優れた選手がパリオリンピックを準備しています。

選ばれたスポーツの分野で、日本で最高の2人の選手である池田彦(Koki Ikeda)と川野雅也(Masatora Kawano)は、貴重な経験を日本にもたらしました。 2024世界陸上警報団体選手権大会 トルコアンタルヤで。 そこでの独立した経験は、彼らがパリオリンピックを準備するのに役立ちます。

池田と対になる 岡田久美子32、川野 梅野雪子21日(現地時間) 4月21日日曜日マラソン競走警報混合係留に出る。

今夏のパリオリンピックでは、マラソン警報ハイブリッドリレーが新しいオリンピック種目として採択された。

2020年東京オリンピック男子20km警報銀メダリストでオレゴンジュユージンで開かれた2022年世界陸上選手権大会で同じ種目準優勝者である池田は自身のコレクションに対する別の賞を受けてトルコを去った。 25歳の池田選手が先頭に立ち、彼と岡田選手は混合マラソン大会の4ステージを交互に進めました。 2時間57分4秒で総合2位を占めた。 イタリアのフランチェスコ・ポルトゥーナト(Francesco Fortunato)とバレンティーナ・トラプレッティ(Valentina Trapletti)が2時間56分45秒で勝利しました。

2023年ブダペスト世界陸上選手権大会男子35km警報銅メダリストの川野と梅野は3時間7分28秒で27位を占めた。

全レースの結果(そしてトップ5に入る国)に基づいて、日本は最初のオリンピックハイブリッドレース大会のためにフランスに2つのチームを派遣する資格を得ました。

池田選手は「私は2つのスロットを目指したので、日本代表チームが全体的に2つのスロットをクリアできて嬉しかった」と話しました。 スポーツ日本 4月23日成田空港到着後。

レース
池田琴(Koki Ikeda)は男子警報20kmで2回優勝した国家代表です。 (©サンケイ)


カリコムバナー

警報レースで競争したいという欲求

池田選手は空港で記者たちにパリオリンピックハイブリッド団体展と男子20km個展に両方参加したいと話した。

池田監督は2つの種目の間に短い期間(男子部8月1日、マラソンハイブリッド係留8月7日)があるという点に言及しながら、体力が彼にとって重要な要素になると強調した。

池田選手は「男子チームは非常によく訓練されており、非常に励ましになる」と話した。 スポーツ日本

SportsLookで全内容を読んでください。

広告


カリコムバナー

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワード'専用ウェブサイト、 スポーツルック 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  サイパン・香取市姉妹結婚| ニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours