[ODDS and EVENS] パリで日本が数多くのオリンピックメダルを獲得すると期待

1 min read

SportsLookでストーリー全体を読む – [ODDS and EVENS] パリで日本が数多くのオリンピックメダルを獲得すると期待

日本は今大会で何個のオリンピックメダルを獲得するか? 2024年パリオリンピック

非常に興味深いトピックなので、さまざまな角度から分析してさまざまな議論をすることができます。

しかし、これから始めましょう。 日本オリンピック選手たちが自国で開かれた2020年東京オリンピックで収めた優れたメダル数に近いでしょうか? 日の丸がメダル数を増やすことができますか? それとも、合計メダル数が少し(またはかなり)減少するのでしょうか?

メダル数が大幅に減らないと思います。 しかし、開催国の利点が日本が2021年ファンデミックで演じられたオリンピックで金メダル27個、銀メダル14個、銅メダル17個を取る上で重要な要因だった可能性は明らかにあります。 総メダル数58個という国家記録です。

また、野球とソフトボールは2008年北京オリンピックが終わった後、オリンピックプログラムから除外された後、2020年大会で再導入されたという事実も記憶しましょう。 日本は野球とソフトボールで金メダルを取って自国の数百万ファンをときめかせました。

いいですね。 野球とソフトボールなしで金メダル20~25個を取ることが予測を始めるのに良い地点かもしれません。

JOC、公式に金メダル20個を目指す

日本オリンピック委員会事務総長のオガタ三菱は日本選手たちに金メダル20個を目指しました。

「最も重要なのは、メダル水路だけでは測定できないスポーツの価値を伝えることです。選手たちは、人々が応援できるように実力を発揮しなければなりません。」 オガタは6月26日、刑務所通信でこう言ったと引用されました。 「選手がよく競争すれば、目標を達成することができます。」

日本は海外オリンピックに参加する最大の選手団で、400人を超える選手をパリに派遣する予定であり、2008年北京オリンピックに参加した339人よりもはるかに多い規模です。

日本は最高のオリンピックスポーツで輝きます

ほぼすべての種目で観客なしで東京オリンピックを開催してから3年が経ちましたが、日本がフランスですべての種目で同じ数字を再現することは不可能です。

しかし、日本は柔道、レスリング、スケートボード、体操、その他のスポーツで包括的な成功を達成する可能性が高いです(詳細は以下を参照)。

東京2020で獲得した前述の金メダル27個のうち、柔道(9個)、レスリング(5個)、スケートボーディング(3個)、体操(2個)が1位を占め、合計19個が1位を占めました。 。

柔道がフランスで再び日本のメダルランキングで1位になれば誰も驚かないだろう。 東京2020以前の以前の3つの夏季オリンピック(劉2016、ロンドン2012、北京2008)だけの文脈を見てみると、日本の柔道代表団はオリンピック当たり平均7.66個のメダルを獲得した。

さらに、柔道は日本が夏季スポーツで獲得したメダル数(96)で2位を占め、日本誘導選手が獲得した金メダル48個はオリンピックタイトル種目順位2位を超えた。

体操は103個のメダルで全リストで1位を獲得し、33個の金メダルで3位を占めました。 レスリングは37個の金メダルで2位、総メダルチャートで76個で3位を占めました。

そして水泳を見落とすことはできません。 日本は1912年初のオリンピックに出場して以来、24個の金メダルを含む83個の水泳メダルを獲得しました。

2020年東京オリンピック金メダリストの柔道選手宇多安倍が5月3日、東京で開かれた日本女子代表チーム訓練キャンプに参加している。 (刑務所通信)

誘導兄弟姉妹、チームにやる気を与える炎を提供する

間違いなく東京オリンピックで最も劇的なストーリーの一つは、2021年7月25日、日本武道館で阿部ひふみと彼の妹のうたが同時に金メダルを取った感激的な光景だったでしょう。

二人はお互いを応援し、主催国が喜びで歓呼する中で楽しい経験を一緒に分けました。 今23歳の活気あるウタは、その栄光の日に金メダルを獲得した最初の兄弟でした。

3年後、26歳の安倍ひふみが同じ体級(66kg級)で2回連続世界チャンピオンになり、宇多安倍も2022年と2023年に女子52kg級で世界タイトルを占めました。

日本は柔道選手たちの優れた実力のおかげでパリでも同様の結果が出るものと見られる。

オリンピックメダル
オリンピックレスラー・ユイ・スサキが5月19日、千葉で開かれた送別パーティーで自分を励ますメッセージが書かれたポスターの横に立っている。 (刑務所通信)

2023年の世界レスリング選手権大会での成功は、パリに対する高い期待感を呼び起こす

2023年9月、日本のチームは、世界のレスリング選手権大会で競争するすべての国の中で最も成功したチームとしてベオグラードを去りました。 これは、セルビア首都で10のフリースタイル部門のうち6つで優勝した日本のダイナミックな女性レスリング軍団のおかげで可能でした。

これまでの成功記録に基づき、日本はパリで最低6~10個のレスリングメダルを獲得すると予想され、このうち50%以上がタイトルと見られる。

何よりも、世界的なスーパースターであり、現オリンピックの金メダリストであるユイ・スサキに注目してください。 彼女は4回世界チャンピオン(現在の体級である50kgで3回優勝)であり、彼女のチーム仲間であり53kg級参加者として133連勝を記録した藤波あかりに注目してください。

インタビューで 日刊源台25歳のササキは、2024年パリオリンピックとそれ以降の目標を説明しました。

「私の大きな夢は、東京、パリ、ロサンゼルス、そして次のオリンピック(2032年オーストラリアのブリスベン)で金メダルを獲得することです」 スサキは新聞にこう言った。 彼女がその驚くべき成果を達成することができれば、彼女は同じ種目で4連覇を達成した2番目の女性オリンピック選手になるだろう。

最初は誰でしたか?

引退した日本のレスラー 二丁香織

SportsLookで記事全体を読んでください。

関連:

著者:エド・オデブン

Edを探す 日本フォワード's専用ウェブサイト、 スポーツルック。 彼に従う [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(以前のTwitter) @ed_odeven

READ  ラグビーワールドカップ:スティーブ・ボスウィックはフィジー8強戦でイングランド選抜の難題を解決しましたか? | ラグビーユニオンニュース
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours