[ODDS and EVENS] 日本のストリートスケートボード選手団がパリで大きな成功を収めているようです

1 min read

全体の内容を読んでください。 スポーツルック[ODDS and EVENS] 日本のストリートスケートボード選手団がパリで大きな成功を収めているようです

日本はパリオリンピック男子ストリートスケートボードと女子ストリートスケートボード大会の両方で多数のメダルをめぐって競争できる場所にあります。

注目すべき点は、日本が6月23日日曜日、ブダペストで開かれたオリンピック予選シリーズ決勝で両種目とも1-2-3位を占めたということです。

パリオリンピック前の最後の主要大会では、日本はその分野で全体的な優秀性をすべての人に示しました。

現在のオリンピック男子金メダリストの堀弥勇悠人(Yuto Horigome)は、重力を鎮めるトリックと空中の輝きを誇るスケートボーダー24人のうち、日本が切望する3つの席のうちの1つを確保するためにハンガリー首都でバナー公演が必要でした。

ミッション完了。 25歳のホリゴメガ283.01点で勝利。 14歳の同胞 ジヌ・オノデラ 276.46点を獲得して準優勝を獲得し、世界チャンピオンタイトルを防御しました。 白井そら、22歳で270.02ポイントを集め、パリへの航空券を予約しました。 (国家代表チームは各スケートボード種目に最大3人の選手を出場させることができます。)

スケートボード
オリンピック予選シリーズ女子ストリートスケートボード決勝優勝者吉沢ココ(中)、準優勝者織田ゆめか(左)、3位を占めた中山ふなが大会後トロフィーを展示しています。 (刑務所)
スケートボード
中山ふな(KYODO)

日本の女性のための1-2-3仕上げ

日曜日の女子大会では ココ吉沢14、270.29点でリーダーボードトップに上がりました。 現世界チャンピオンのユメカ織田は268.52点で2位を占めました。 東京2020銅メダリスト 中山ふな19点は263.62点で3位を占めた。

4位リーズ赤馬(15)は総点262.50点を獲得したが、前日パリ大会出場権を獲得した。 世界全体のランキング。 彼女は吉沢に次いで2位です。 また、中山は4位、織田は5位です。

悪夢からお祝いまで

堀尾めがおなじみの勝利のスタンドに戻って、彼の様々な感情を表わす言葉を読むことは興味深かった。

それでは、弘弥は勝利を収めた成果にどのように反応したのでしょうか。

「まだ信じられません。昨夜悪夢を見ました」 ホリゴメ 日曜日に言った

SportsLookで全内容を読んでください。

関連:

著者:エド・オデブン

Edを探す 日本フォワード'専用ホームページ、 スポーツルック。 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日とX(以前のTwitter) @ed_odeven

READ  世界陸上選手権大会、米国チームがメダルランキング1位で多くの初記録
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours