[ODDS and EVENS] 日本のボクシングは世界規模で大きな成功を収めています。

1 min read

全体の内容を読んでください。 スポーツルック[ODDS and EVENS] 日本のボクシングは世界規模で大きな成功を収めています。

今が日本のボクシングの黄金期ですか?

「黄金世代」という多彩な表現は、優れた才能と共に世界舞台で大きな成功を収めた国家代表スポーツチームを描写する際によく使われる表現だ。 たとえば、ペレと他のスターが率いるブラジルは、1958年、1962年、1970年にFIFAワールドカップで優勝しました。 その後は名誉の殿堂に上がったアルゼンチン男子バスケットボールチーム(2000-12)がありました。 マヌジノビリ オリンピックとFIBA大会で先頭を走っています。

一般的に、ボクシングは国家の集団的成功ではなく個人の達成として分析されます。

特定の年齢層のボクシング愛好家は、1980年代のシュガーレイ・レナード(Sugar Ray Leonard)、ロベルト・デュラン(Roberto Duran)、マーブラス・マービン・ハグラー(Marvin Hagler)、トーマス「ヒットマン(Hitman)」、ハンス(Thomas “Hitman” Hearns)四大王「全盛期を覚えます。 サブ体級を掌握した4人の優れたファイター。

これにより、このコラムの冒頭にあった質問に戻ります。

はい。 今は日本のボクシングの黄金期です。

クレジット日本語雑誌 スポーツグラフィック番号 現在の時代に適切な文脈を提供するために。 2024年6月13日に発行されたこの雑誌では、数十ページにわたって現在の時代のトップ選手を照らしました。 課題全体に10件以上の記事を結ぶ繰り返しのトピックもあります。

議論の余地のないスーパーバンタム級チャンピオンの井上直也が表紙を飾りました。 スポーツグラフィック番号 これを「日本ボクシングの黄金期」と宣言します。

井上出る
井上直也が4月10日横浜大橋ボクシングジムで訓練している。 (©SANKEI)

井上直也が日本最高のボクサーで見出しを飾りました。

5月6日、井上は1990年2月以来東京ドームで開かれた最初のプロボクシングイベントのヘッドライナーでした(ヘビー級選手のマイク・タイソンとジェームズ「バスター」ダグラスがその日メイン試合の参加者でした)。 そして東京ドームで行われる戦いはこの点を強調します。

井上(27-0、24KO)は今や世界的なスーパースターになり、43,000人の観客は彼の故国でも彼を応援しようとする大衆の需要が大きいことをすべての人に思い出しました。

1ラウンドで生涯初のノックダウンを経験した後、Inoueは反撃に出た。 彼はメキシコのルイス・ネリーを6ラウンドの技術ノックアウトで倒し、4つのチャンピオンベルトを維持しました。

「モンスター」井上には圧迫感が激しい状況でも逆境を乗り越える能力を立証しました。

これはまた、彼が世界で最高のポンド当たりの戦闘機の一人であるという事実を思い出させることでした。

のいずれかで スポーツグラフィック番号著者は、詳細なインタビューを通じて井上がネリと戦う方法を振り返る姿を見せてくれました。

これは井上の戦闘的思考方式と自信を垣間見ることができる興味深い窓口を提供しました。

井上には「ネリの戦闘スタイルは限られている」と語った。 」[His] 攻撃と防御は当初から統合されず、完全に分離されている。 私はネリーが何をするかを知っていたので、それをどのように処理するかが問題でした。 だから試合の流れは私次第だった。 そうして試合に臨むことになった」と話した。

SportsLookで、数多くの日本のプロボクシングワールドチャンピオンについての解説と情報を含む記事全体を読んでください。

関連:

著者:エド・オデブン

エドを探す ジャパンフォワード'専用ホームページ、 スポーツルック。 彼のフォロー [Japan Sports Notebook] 日曜日に、 [Odds and Evens] 平日はX(以前はTwitter) @ed_odeven

READ  オリンピック前のキャンプを脱出したウガンダの選手、日本で発見
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours